« ケーブルテレビを引きまして | トップページ | 北海道旅行の日程発表! »

2012年5月27日 (日)

確かに、いやらしーーーーーーーぃ~かも・・・

昔から好きで、でも枯らす事も多くて失敗しては、また見つけた時に買ったりしてるサボテンが在ります。

前にブログに載せたら「石かと思った」と言う感想が・・・

それは正解なのです。

南アフリカ原産の、「この」サボテンは棘がなく《石に擬態化》して生きています。

主に冬が活動時期で暑い夏場は縁の下や直射日光の当たらない、風通しの良い場所で「冬眠」ならぬ「夏眠」して過ごします。

その前に・・・・成長し新しい体に生まれ変わるんです。

その姿を見た友達は・・・

「なんか・・・いやらしーぃ」

「エッチくない???」

そして口をそろえて・・・

「気持ち悪いーーーーー」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それでも良いの。

私が好きなんだから。

そろそろ彼らも「夏眠」前なのか・・・成長をし始めたので公開します~

Img_2604
チョット、アップし過ぎなんですけど・・・

これが一ヶ月前の・・・彼。


Img_2634

ほら・・・

こんなになって着ました。

一皮剥けて・・・良いお姿に!

Img_2636
別の角度から。

シワの具合が・・・

このしわのように見えている部分が「親」ですね。

毎年、元気であれば?このように「親」の部分を突き破って「子」の部分が成長して大きくなっていきます。



Img_2599

そして、こっちの彼は・・・

Img_2632

植えの彼ほどではないけれど、成長しているのが判るでしょうか?

彼らは、とげが無いせいか非常に弱い。

いろんな物に弱い。

「加湿」水の管理が大事。やり過ぎると成長は早いが上に突き出してしまって根元が弱くなる。

彼らの中身は水分だから根元が細くて弱いと風に揺られて根元から腐っていく。

夏場は水を上げ忘れても大丈夫。

ただ自分の身体を小さくして体力を温存しながら快適な(彼らにとって)冬を待つのです。

冬場になれば週に一度か二週間に一度くらい霧吹きで水を与えてあげれば大丈夫。

そして何より・・・人が触らぬこと。

観ると誰でも・・・・触りたがる!困るんだよね~

昨日のブログに書いた映画の主人公のように「触ると痛い」のかもしれない。

触れすぎても・・・腐る。

ホントにデリケートで神経質な彼らなのです。

親から脱皮して一本立ち・・したらスヤスヤと夏休みに入るんです。

元気に夏を越して欲しい物です。

« ケーブルテレビを引きまして | トップページ | 北海道旅行の日程発表! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

なんか、のうみそみたいな植物らね(*^。^*)

いやらしいなんて、そんなぁあああ
「おさかんさん」たらああああ

ちゃちゃわんわんさんへ

確かに!そう言う意見が多いです!
しかしながら、この成長時期の彼らの姿を見た人たちは一様に・・・
「いやらしー」と言うんだよね(^_^;)

小夏椿さんへ

そそそそそそそそそ・・・・そんなに喜んでくださってるのぉ~!!!!

これが彼らの「生き様」なのさっ!(笑)

こんな宇宙生物のようなものがあるのですね!
ビックリです!

何か…映画に出てくる宇宙人みたいね~。

お久しぶりでっす。って来たらあらあら。ウルトラマンの怪獣みたいですね!息子が好きそうな形態。

アップの写真が脳みそのようで
怖いかもぉ~

HAMACさんへ

以前、掲載して「石の様だ」と言うコメントを書いてくださったのはHAMACさんですよ(笑)
色んな生物が居るんですけど流通に乗りにくいのかもしれませんね。
私もたまに見かけると買ったりしてます。

はるちゃんへ

そそ・・・ウルトラマンに出てくる宇宙人に似てるばい!

ぴぴしゃんへ

そそ!上のコメントにも書いたように「ウルトラ」に出てくる有名な怪獣に似てます。
上からの光を受けたいのか形が逆台形型なのよ。

隊長ままさんへ

確かに「脳みそ」ぽいです(笑)
不気味で気持ち悪くて・・・でも見慣れると気になる存在になるのよ~

おさかんさん、こんばんは
多肉植物って実に面白い形が多いですね。
知り合いのサボテンフェチは、こんな可愛い植物は他に無い!と言います。
何を連想するか・・・私は彼ではなく彼女に見えてしまうのですが

リア中のLuanaさんへ

確かに息子を生み出す前の母の姿はまさに「女性自身」に見えるからこそ、友人たちは「いやらしぃ~」を連発するのかも・・・しかしながら、こっそりと「案外好きよ」とも言いますよ(笑)
植物の中でもあまり変化もなく華やかな部分も少ない地味な多肉植物ですが根強いファンは多いようです。
群馬には、この種類の多肉専門店もあるようです。

そろそろ・・・日常の生活に戻ってきませんか???

おぉぉ!おさかなさんのところで愛しい方にお会いするとは!

私もこの植物がかわいくてかわいくて胸をキューっと掴まれてしまったので育てていたんです。

が、正直どうお世話していいのかよくわからず、結局ダメにしてしまいました

またやってしまったらと思うと、今のところ再びお世話する勇気が出ません

osakana-visさんへ

ハンドルネームが一緒と言うだけでなく多くの共通項を共にしているのですね!
そうなのよ~愛しいのよ~(^_^;)でれでれ・・・

記事の中にも書いたように・・・失敗が多いの。

一番の原因は・・・可愛がりすぎ(笑)
水は冬場が成長期なので週一回、霧吹きで周辺が濡れる程度。
夏場は休眠中なので軒下や直射日光が当たらない風の通る場所(つまり外ね)に放置しておく方が良いですね。
水は二週間に一回か三週間に一回ほどで良いのではないでしょうか。
水のやりすぎが一番の失敗の原因。
南アフリカの乾燥地帯が原産地なので「風の通りがよく、水を与えない」のが彼らにとっての幸せの条件でしょう。

それと・・・触らないこと・・・
触れたくなっちゃうのよね~(-_-;)

ほへー、おさかなさん、こんなサボテンが好きなんやー。
姿に似合わずデリケートでんなあ。
で、ある日ぱっときれいな花を咲かせるのでっか?

私もサボテンは「枯れへん」「育てやすい」と思い込んで、
教室で飾ってたら中学3年のあほが「合格くん」と名づけて
水はやるわ、日に当てるわとせっせと世話しよってん。
ほしたら・・・枯れたがな、合格くんが。
「ぎゃー!ウチらの受験がー」て泣いてた。

しゃあないから、またよく似たのをこっそりと代えたら、
「おお!よみがえった!!ウチらの受験、いけるわー!」
と喜んどったで。
ホンマ単純なヤツらと思ってたら、卒業してから言いよるねん。
「代えたん知ってたし。そりゃ、植木鉢が違うしすぐわかったし。」
「枯れたんが生き返る訳ないやん、せんせー、あほやなー。」

    くっそー!

たぬひちゃさんへ

あはははははははは!!!!!さすが関西人!発送が好いね!「合格くん」!!!!大うけ!
しかも枯れちゃって・・・(^_^;)
ほったらかしでも西日でも生きているほど元気だけど・・・水の無い所の生き物だから水には弱いのさ(-_-;)
枯れちゃった「合格くん」南無~

しかし知ってて知らん振りしてくれる温かな生徒と生徒の為に買い換えて置いてた先生の愛と涙の劇場だね!うるる・・・

しかし・・・縁起物としていたモノが壊れたり枯れたりすると気持が揺れるもんね~
これからは「合格くん」の命名は辞めた方が好い。
良い名前は無いかな?
枯れても良い様な・・・(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確かに、いやらしーーーーーーーぃ~かも・・・:

« ケーブルテレビを引きまして | トップページ | 北海道旅行の日程発表! »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ