フォト

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月23日 (月)

ゴッホみたいな花

Img_2969

ゴッホの絵のような花。

直売所で見かけて買って来た。

案外、花に詳しいトノも・・・名前は判らん。という。

生きてるけど、そのままドライフラワーみたいな感触の花です。

この間は「われもこう」を買って来た。これも・・・生きてるけどドライフラワーみたいな奴。バラ(モッコウバラ)の仲間だと言うが遠い親類ほど似てないような気がします。

あと「フランネルフワラー」と言うのも好き。

これも・・・生きてるけど・・・の仲間。

変な感触の花が好きなのかしら。

ゴッホも食べたかもしれないイメージで・・・

Img_2966
トノが釣ってきたメジナのイタリア風・・・・トマトとニンニクとオリーブオイルで焼くとイメージ的にイタリア風なのだ(単純)

仕上げにピュアオリーブオイルと生バジルを!

バジルに花が咲いちゃった。しそ科の仲間だからか花もしその花に似てる。

今日、博多の街は梅雨明け宣言が在りました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


週末の庭にmikomikoさん、たぬひちゃさん、小夏椿さんが遊びに来てくださいました。

有り難う・・・

有り難う・・・

気を使ってきてくださったのか・・・ブログ更新が無いから元気が無いと思われたのか・・

有り難う・・・

有り難う・・・

実は、ケーブルテレビにハマっておりますの(-_-;)

この間なんか・・午前一時から朝の9時まで観てて・・・トノに呆れられました(笑)

だって・・・観ずにはいられなかったのよ。

「ミレニアム・ドラゴンタッーの女」3部作だったのよ。一本が3時間!それが3本!

本家スエーデンの映画(ハリウッドリメイクじゃない奴)なのですが・・・面白かったです!

お勧めします。

でも・・・続けてみるなら・・・それなりのご用意を!何せ9時間!横になって観ると・・・寝るぞっ!

2012年7月22日 (日)

うちらの辺りだけ??

こっちの方だけにしかないと言う話を聞いたので掲載してみる。

まじ?

小さい時から食べてるけど・・・

Img_2964

博多長茄子。

今夜はこれで「焼き茄子」の予定です。

2012年7月10日 (火)

ああ、忘れてた

携帯で撮った函館の夜景

201206242047000

実際見ると、この10倍美しかった・・・感動するよ。

201206242048000
この光景をテレビでよく見ますね。

201206242048001

携帯からでも、この美しさ・・・

201206242048002

書き忘れたこと・・・

北海道に着いてから妙にタンポポの種みたいなモノが飛んでる。

春が遅い北海道・・・とは言えタンポポの種にしては量が多い。

聞くと・・・

ポプラの毛。

ポプラに毛が??生えてる???

こと「毛」に関しては敏感な私だけど、ポプラに毛とは初耳!

爺さんの耳には毛が生えてるが・・・

想像するに・・・北の大地のポプラは本土と違い寒いので毛に覆われている。

それが暖かくなると犬の毛が抜けるように木から抜けて飛んでいるのだろう・・・と思うのだが違うかい??

2012年7月 7日 (土)

北海道旅行レポート④北海道にはゴキブリが居ない??

寒すぎて居ないのか?世界中、何処にでも居そうなゴキブリが居ないなんて不思議!

その代わり「カメムシ」が多いそうだ。それに「雪虫」の話も出ていた。

「雪の降る前に舞うように飛ぶ雪虫」九州には居ない。その雪虫は「アブラムシ」の一種なので車のフロントガラス等に着くと中々、落ちないのだとか・・・大変ですね。

アブラムシが空を飛んでる・・・ゴキブリが飛んでいるのと同じかなぁ?

Img_2787
ホテルの前に在った不思議な木。葉先がシルバーに輝いてる。モサモサした葉っぱの、のっぽな木でした。

こういう木は・・・九州には生えていないね。

それに「白い花が咲く木」だと思っていたら、木に「つるあじさい」と言う花が巻きついていると言う様子も九州には無い光景。

北海道とは不思議な所です。

Img_2788
富良野プリンスホテルで昼食を摂り、富田ファームと言うラベンダーで有名な所へ。

入場料などは要りませんが中にはショップが一杯。カットの夕張メロンも食べられる。一カット300円、二つだと500円(ちゃんとチェックしました(笑)

ここでは自宅用のラベンダーの石鹸を購入。B級品と言うことでお安かった。

Img_2789
富田ファームでたったの40分過ごし、次は「美瑛の丘」をバスの中から止まらずに激写。

Img_2794_2
ホント不思議!北海道の畑は《土地の形状のまま》耕してある。

Img_2795
なだらかな勾配の畑。水撒きはどうするんでしょう?

Img_2797

ガイドさんの話によると・・・・煙草のセブンスターのマークのモデルになった木がある。(観たけれど普通の木だった)

ケンとメリーのスカイラインのCMに使われた場所とか・・・が、この美瑛の丘にあるんですって。

バスの中からにしては・・・綺麗に撮れてます(自画自賛)

Img_2798
美瑛の丘を過ぎて層雲峡温泉の近くに在る「銀河・流星の滝」を観にいく。

確かに形状の変わった滝です。

岩肌の織り成す形に色んな名前が付いてて・・・北海道では有名な場所なのかな?

九州では大分をはじめいたるところに、「こう言う風景」が在るのでそれほど珍しくない。

26日は層雲峡温泉に宿泊。3日も温泉にはいると肌もツルツルになります。

Img_2807
ホテルのロビーではアイヌ民族ショーが開催されてます。

やっぱり北海道気分だな~

Img_2813
みんな家族なのだとか・・・・着ている衣装の模様で何処に住んでいるアイヌの人なのか判ると話されていました。

Img_2817
お約束の・・・熊の剥製!ガオ~!!!もちろん記念撮影しました。マジ、でかいよ。

翌日は旭山動物園へ

Img_2881
一番高い所に在るモニュメント。ここから下るように動物達を見て行きます。

意外に・・・ちっちゃい!!!!!

ここで3時間も時間を潰すのは大変かも。テレビではペンギンが歩いたりしてて広いところかと思っていたけれど・・・

この規模だと福岡市動物園は果てしなく広く感じるんだけどな~

福岡市動物園は動物園と植物園が一緒になっているので、余計に広く感じます。

Img_2818
上から見るとこんな感じ。とにかく・・・小さい動物園。

Img_2819
猿。

Img_2820
猿。

Img_2821
CMでお馴染みのワオキツネ猿。

Img_2822
鳥。

Img_2831
犬のように見えますが・・・大好きなオオカミさん!只今3匹の子供の子育て中!

Img_2828
やっぱオオカミさんを撮ってる人は望遠の凄いカメラを抱えてるのよ。普通のじゃ駄目ね。

Img_2832
何とか撮れる位置まで来てくれました。うれし!

オオカミさんとフクロウがお目当てだったのだけど・・・動物撮るのは難しい!

Img_2838
こっち観て!チッチ・・・チッチ・・・と舌打ちすると・・・

Img_2839
少し興味を示されて・・・

Img_2840
30度の猛暑の中、白熊はバテバテ・・・そりゃそうだ。本来の住処じゃないんだもんね。

Img_2841
この方・・・ただ、ここに偶然居るのではないようです。

ちゃんと「品種」の看板が在りました。ここの住人のようですが暇そうでした。

だってここは人気者のごまフアザラシのプールの上なんだもん。

皆さんはプール下からトンネルをくぐる所へ行くんだけど、ここがその上の普通のところ。

だから人も少なく注目してくれないから不満顔なのよね。時々、奇声を上げて人の目を引いていました。

Img_2845
ふん!

いじけてる?

Img_2847
ゴマちゃんの日向ぼっこ。

Img_2852
うふーん・・・・

Img_2853 あはーん・・・

Img_2854
くるり・・・と、後頭部。

Img_2855
へろーん・・・

Img_2859 べろーん・・・

Img_2861
空とぶペンギン。

Img_2862
人が多くて歩きながらシャッターを押す!

Img_2863
彼らのお値段は一羽70万。(ガイドさんの話)

Img_2867
こちらのキングペンギン様は・・・一羽1300万!!!

Img_2870
はじめて見る白樺。ホントに白くて木々の中から浮いて見える。北海道の林道は夜でも安全かもね。(動物園内の風景)

Img_2874 
チンパンジーの所。こんな感じです。

Img_2875
上のところに寝そべっているお方。

Img_2878
何となく・・・笑える光景。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

旭山動物園に着いて昼食代として奥様から1000円を渡されて、そのまま受け取りバックの中へ。

ポテポテ歩いていると、後ろから男性に声を掛けられる・・・「これ落しませんでしたか」

観ると、先ほどバックに入れた《クシャクシャの千円札》

拾ってくださった男性も、あまりのクシャクシャに・・・苦笑い。受取る私も・・・ハズカシさで苦笑い・・・これが普段の大雑把な私なのよね(^_^;)

おまけにペンギン館ではキングペンギンを撮るのに夢中でサングラスを落とした!外に出て気付き、慌てて中に戻り係員の方に「サングラスの落し物は無かったですか」と聞いたけど届出は・・・無し!(-_-;)

こんなに人が多いから絶望的だと思いつつ・・・・床にはいつくばって観光客の足元を見ると・・・隅っこにサングラスを発見!!!!

よく踏み割られなかったの感心する!恵まれた一日だ!神と仏と運に感謝!

ホント私って恵まれている!

奥様に貰った1千円札のお陰で帰りのタクシー代ができました。それほど・・・・お金が無かったのさ。

昼食は一個70円のゆで卵だし・・・糖質制限食的にはグットな食べ物ですけどね~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

旭山動物園を後にして一路、新千歳空港へ・・・

Img_2882
高速道路を走っていると「江別」の標識!クレソンさんの住んでいる所だ~

Img_2883
意外と木ばかり生えているところだった・・・家は少ないね。畑も・・・温泉センターが見えたけど知ってるかなあ?

Img_2885
札幌に入り、札幌ドームの屋根が見える。天気が良いので銀色に光ってる!楕円の傾斜のついた屋根が変わった造りです。

そして福岡へ

Img_2888




さよなら北海道!またいつか!格安航空券で!

私の思い描いていた北海道ではなかったけれど・・・・

柵のある牧場に牛の姿。サイロ・・・・何処までも真っ直ぐな道・・・・・無かったよなぁ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実は・・・・

北海道から羽田までの飛行機の出来事です。
今まで体験した事が無かったのですが飛行機は普通、雲の上を飛ぶんですけど今回は雲の下を飛んでいました。

雲が無かったのか・・・低く飛んでいたのか・・・地上の町並みが見えたままだったのです。

それに気がついたのは飛んでしばらくしての事。

後ろの席に座っていたシルバー世代の男性客の団体が飛行中に、こちら(日本海側)の席の窓を必死に見て放し始めたから。

なに?と観れば・・・雲の上を飛んでいるとばかり思っていたのに景色が見えている。

何処を飛んでいるのか判らないけれど日本海沿岸が見えっぱなし。

そうなのです・・・機内の窓側の人はみんな見ている・・・

多分、みんな震災の在った地域を見ているんだろうと。

窓側に座った同僚に「あれって福島の原発だったりして・・・建物似てますよね」と話し掛けた。

「うん、そうね・・・」

「廻りは森林ばかりで何も無いですよね」

「上から見ても判らないわね・・・」

「何処なんでしょうね・・・見たかぎりじゃ震災の跡は判らないですね」

みんな見ていました。

高度が高過ぎるのか、それとも真上で無いと見えないのか。

日本海沿岸は何も無かったように見えました。そのまま見続けて羽田に夕方到着。

少しだけ気分が・・・梅雨空のようになったかな。

東京の街は夕日でオレンジ色に見えました。

羽田からわずかな乗り換え時間で、福岡便へ乗り換えて滑走路に出たときには外は土砂降り。

6月27日の東京は土砂降りだったか・・・東京方面の方は覚えていますか?

羽田に着陸する態勢のときに何故だか富士山が見えました。初富士山です。黒い雲の上に山頂の三角の形が見えました。

福岡の空港に降り立つと・・・ムッとした湿気。やっぱり北海道は湿気が無かったと感じた瞬間でした。

それから今日まで、福岡はずっと雨です。

洗濯物がしっかり乾かず香りの強い柔軟材で生乾きの変な臭いを誤魔化しています。

早く梅雨が明けないかなぁ

 

2012年7月 4日 (水)

北海道旅行レポート③猛暑の北海道!?

在り難い事に北海道旅行中は全て快晴!お陰で日焼け止めが大活躍!此処は沖縄かっ??

毎日の気温が30℃近い。だけど空気が乾燥しているので日陰は涼しく汗も引く。朝と晩は長袖が必要!

nekohandさん、小夏椿さん、隊長ままさん、クレソンさん達、北海道友の会??の情報がお役に立ちましたよ~

ホント、夜にはセーターが要るくらい冷えます。

おまけに北海道は夜明けが早い!!!!!もう朝だと目を覚ましたら夜中の3時!

ウソの様な明るさです!北海道民はどうやって安眠を確保してるの???

Img_2750
洞爺湖湖畔のドライブインで昼食。その入り口に在った「初・熊の剥製」ガオーー!!

当然記念撮影する!マジでかいです。

Img_2758
ケーブルカーで山頂へ。世界地質遺産ジオパーク(昭和新山)有珠山から見下ろした火口と、その周辺。

眺めも気分も爽快な山頂。そして日差しもマックス!!!痛い~(>_<)

Img_2759
下から眺めると、こんな感じ。白く見えるのが火山活動の蒸気だそうです。

個人的には・・・

例の洞爺湖サミットの在ったホテルに・・・お茶だけでも飲みに行きたかったと言うのが本音。素敵な場所みたいだったから。

ガイドさん情報に寄れば・・・

ホテルのアメニティグッズがブルガリだとか。そう言うあまり観光には関係ない話題までネタにされてましたね~

Img_2762
25日に泊まったのは定山渓温泉。こんな所です~

翌、26日も朝も早くからバスに乗り込み・・・小樽観光。約1時間半・・・だけど全然時間が足りない~(-_-;)

バスを下ろされた場所からテレビで見る「小樽倉庫街」までが遠すぎっ!

途中で声を掛けてきた《人力車》のお兄さんの説明では、かなりの距離があるので最初から人力車で1時間コースの観光をした方が善いとか。(そんなこと現地に行かなきゃ判らんもんね)
値段は・・・結構高かった。一人1時間観光で5000円ぐらいでした。

次に行かれる方は参考にされたらいかがでしょう(^_^)v

Img_2764
小樽運河・・・の最初の辺り。このずっと先にテレビで見る光景があるらしいです。時間の関係で行けませんでした。

Img_2768
建物は古いけど(解説の看板が設置されてます)建物と中身は違うようです。中は観光客相手の雑貨屋さんが多かったですね。

こんな歴史的建物が一杯残っていました。

Img_2772
逆光ですみません。

Img_2771
常夜灯・・・言葉の響きが良いですね~
どんなものかと昔から思っていました。こんなところで遭遇するとは・・・

この常夜灯の在る周辺は「お菓子屋さん街」と「北一ガラス」と言う硝子屋さんの多い通りです。ロイズ・六花亭・・・・いろいろな有名店が一杯でした。

70円のシュークリームを買うと店内でコーヒー一杯無料。とか在りました(笑)

とりあえず・・・平日なのに観光客と修学旅行生が一杯だったな~。

此処からバスで「富良野プリンスホテル」に向かう。そこで昼食。

「北の国から」で一躍有名になった富良野。あのドラマの中でも出てきたけれど・・・富良野は人参の産地。昼食でも人参登場!

初めての食べ方でした(笑)人参1本の四分の一を皮ごとローストしたものが出てきました。癖もなく独特の臭いもなく、芋のようにホクホクとした人参でありました。

ドラマでも有名になった(竹下恵子がキャンドルのお店をしていたと言う設定)ニングルテラスと言う場所が富良野プリンスホテルの一角に建っております。

それがこちら・・・

Img_2773_2

Img_2774
Img_2775
Img_2776
Img_2778
Img_2781
Img_2786
ここで一服(-。-)y-゜゜゜

入ったお店は小さいつくり。人が4人も居れば離合できないほど・・・6畳位かな。何棟も建っていて、それぞれが違う雑貨を扱ってます。

この雰囲気じゃ・・・禁煙だろうと思っていたのさ。

だけど、ここを統括している作家の倉本聡さんはヘビースモーカーだと知ってるから、自分が行く場所を「禁煙」にするだろうか???

試しに店員さんに聞いてみた。「ここって外でも禁煙ですか?」

そしたらさぁ・・「倉本さんがヘビースモーカーなので外では吸って良いんですよ。禁煙じゃ在りません」と・・・

携帯灰皿持ってて良かった~

なんだか、ずーっと居たい空間でした。

ここの詳しい解説はネット検索した方が良いですよ。もっと沢山の情報と見どころが一杯です!

Img_2784
さて、ここで購入したお土産は・・・

Img_2900
私的には店内で一人大うけしてしまったブツです!この名場面、覚えてる人居るかなぁ~

それとニングルテラスの紙の工芸店で買った(一度見て、買わず、また戻って買ったのさ)

Img_2892
Img_2897
ご覧のとおりの「シマフクロウ」足元は備長炭が土台になっています。

Img_2894
Img_2896
Img_2898
シマフクロウの撮影者はトノでした・・・ 

2012年7月 3日 (火)

北海道旅行レポート②ガイドさんがうるさくて眠れない車中

前の記事に追加情報・・・・

最後に行った「昆布館」

そこで買ったお土産品。昆布には全く関係ないが・・これ。

Img_2903
ガルルぅ・・・・・くまでーす!食べちゃうよぉ~

と言ってるかどうかは妄想の中で確認してね。冷蔵庫に張ってるマグネット。使用方法は・・・多分、「輪ゴム掛け」になる予定。

昆布とは関係ない品物。ザ・北海道!をイメージしました。

Img_2905
ふぇっふぇっふぇーーーーーー!!!

もろこし熊だぁーーーーーーーー!!!滅多に居ないぞ。こんな熊。

Img_2906
二匹揃って「ザ・北海道フラザ~ズ」でした。

(実はこれを買って見せたところメンバーに受けて他の立ち寄り先で白熊バージョンの輪ゴム掛けマグネットを買った人が居ました。世の中何が受けるか判りませんね)

さて、気を取り直して・・・北海道の旅は続くので在ります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

北海道のバスツアー。オバちゃんガイドさんがうるさすぎる(-_-;)全く眠らせないぞと言わんばかりに喋り続ける・・・

何でこんなに喋るのか???添乗員の若いお姉ちゃんに聞いてみた。

「北海道のガイドさんて、皆こんな感じなんですか?」

「はい。大体このくらいは皆さん、お話になりますね~」と普通に話す。

ホント、私たち九州人には理解できないほど・・・話しっぱなし。

普通バスガイドさんは名所旧跡の解説や、地元の話しなどを面白おかしく話して、途中は静かにしていたり・・・と言った具合なのだが北海道のガイドさんときたら、見えたものをそのまま解説!

自分の感想や感覚で喋る。喋る。喋る。

もう殆んど《聞き疲れて》話を聞く気にもなれないのだが、隣の人と話すにも・・・ガイドさんの声がうるさいので会話にならない(-_-;)どうにかしてくれ~

高速道路移動の時ぐらい・・・寝たいっ!!!

Img_2741
此処は国定公園の中にある「大沼公園」湖がメインの公園で「二人乗り手漕ぎボート」から10人乗りのご覧のモーターボートまで在ります。

軽快な運転手兼ガイドのお兄さんのお陰で爽快な湖クルーズへ。

Img_2742
右がガイドのお兄ちゃん。

この湖には島が点在しているのが景観として変化が在り美しいです。

Img_2743
なんと言う山か・・・忘れたけど、なだらかな面が美しかったですよ。

Img_2744
おや?なんだ???

ん?なになに???NHKのテレビの生中継準備中????

変わった形の「浮島型」のボート。右側に小さなエンジンが水しぶきを上げているのが見えるでしょうか?あれで移動するようです。

Img_2745
ええええ!!!????ガイドさん情報によるとゲストが俳優の保坂尚樹!

キャーきゃーきゃーーーーー!!!!\(^o^)/

船内にオバちゃん(私達を含む)の奇声が広がる!それに気がついたのかスタッフさんやアナウンサーさんたちが手を振ってくれた。

テレビ班の姿が見えなくなれば関心も・・・うせ。(オバちゃんの正当な反応)

ボートを降りて記念撮影後、昼食を取る為に、あのサミットで有名になった洞爺湖付近へ移動しました。

さて・・・この後の話しは次で。

一番の関心人物・保坂尚樹は後姿で、想像するだけ・・・・(^_^;)

波が行くので近づけないのよ~


2012年7月 1日 (日)

北海道旅行レポート①はるばる来たぜ函館!

Img_2715

福岡空港から羽田で函館空港行きの飛行機に乗り換える。時間が在ったのでトイレに入ると、なんと個室にテレビが・・・

Img_2716

東京は凄い所だ・・・・と、携帯から自分のブログに記事を送信していたら飛行機に乗りそこなうところだった!!!!

「何度もお名前を放送したんですけれど・・・」の係員さんのお言葉を受けて・・走る!走る!機内に入る通路には男性係員の方も並ばれていて・・・「私待ち」状態!(>_<)

焦った!!!!!!!

無事、機内に乗り込むと・・・・ウチのメンバーが顔を引きつらせている(-_-;)これからは団体行動を守りましょう。と冷や汗をかいた。

Img_2718
函館に着くと早速マイクロバスで「元町」と言う神戸にもありそうな街を観光する。

神戸を訪仏とさせる建物や町並み。神戸よりも「土産物屋」化されていないのは、良いのかも・・・・

Img_2720
ここがCMやドラマなどで有名な坂です。名前が付いていたような気がするが・・・細かいところは気にせずに(^_^)v

Img_2723

とっても素晴らしい洋館。なんと言ってもその色彩。水色の壁に黄色の縁取り・・・

この写真では落ち着いた色になっているが実際ははっきりとしております。日本人の感覚の色ではないですね・・・建てたのも外国の方ですから納得できます。

Img_2725
「元町」付近から港を眺める。

函館は坂の町のようです。(長崎ほどではないですがね)

雪の時期は大変だろうなぁ。と思いました。

Img_2726
元町観光を終え、次は「五稜郭」へ移動。五稜郭タワーに登り上から眺める。

下を散策する時間が無いのが・・・ツアー旅行の悲しい所。

タワーの下の土産物屋で買い物するのが・・・精一杯の時間しかない。ここで買ったのが・・・

Img_2907
勤皇の志士。幕末好きなトノへのお土産は「燃える久方歳三、赤サイダー」である。その他には札幌ラーメンホタテ醤油味&カニ味噌味。スープカレー。

この重いラーメンとカレーとサイダーを引き連れての3泊4日の旅は・・・きつかった。お土産は最後に買うものだね(^_^;)

Img_2729
五稜郭タワーからの函館甲の様子。画像では良く見えてないかもしれないけれど空から海に光が差しているのだ~(この時すでに夕刻が迫っていた)

ここからは宿に向かう。着いたらすぐに夕食。豚しゃぶの豚が地元産で甘みが強く、うまし!でした。(急いで食べたため画像無し。今回は食の画像が無いよ。ツアー食は大したものが無いので)

急いで夕食を済ましたのには訳がある。

函館観光と言えば、外せ無いのが・・・函館の夜景!!!!

その為に急ぐ夕食となったわけ。ツアー客は約40名。それが予算などの関係で常に3箇所の宿の分散して泊まる。それを一つのバスに回収して観光するから時間が掛かるのさ。

とっても残念だけど・・・・

急いだお陰でカメラを忘れた・・・・したがって函館の夜景の画像はない。

とはいえ・・・有名な夜景。NHKの天気予報などでも北海道の予報の時に放送されているので見てない人の方が少ないと思われるが・・・実際の夜景は・・・この北海道旅行で一番印象に残ったものです。

北海道に行くのなら、この函館山からの夜景を無くして北海道は語れないと言うほどに素晴らしいものでした!!

しかしながら天候により全く見えない時やガスがかかってクリアな時は少ないそうです。

私達は運良く天候にも恵まれて最高の宝石のような夜景を目にする事が出来ました。

また集合写真などを写真やさんが1300円で撮っています。もちろん買いました。

が!プロの写真よりも実際に見た夜景の方が素晴らしかった!一度は見てみるべき!

あの夜景の中でプロポーズなどされたら・・・・うひゃひゃ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Img_2736

翌日の朝は8時に宿を出発(これでも遅い方だとか・・・)

函館朝市めぐり(約40分・・・この時間で廻れるかっ!!)

Img_2737
中国人観光客が多いせいか何処にでも「中国語の説明書」が在る。中国の人って最近生ものを食べ始めたとか聞く。そうなのかしら・・・

と、写真を撮っていたら一軒の店の人に呼び止められ・・・そこで自宅用の土産を購入した。

貝殻つきの生きたホタテ。本物だと言う「ししゃも」キンキの開き(これが凄く高いのよ4700円もした)そしてトノの弁当用にほっけの切り身のお徳用。これだけで送料を入れて1万4000円!!!!

この買い物が災いして・・・今後の予定が変わってくるのだぁ~(>_<)

実は・・・

旅行に行く時にたまに財布を替えて出かけることがある。実際、毎日使っている財布には色んなものが入っていて重いし、旅行先で落したら全てを無くすので面倒だけれど今回も替えた。

給料日前なので一万チョットだけ入れて、後はカード払いか現地で引き出そうと考えていたの。

そしたらさ・・・カード入れてくるのを忘れたのさっ!!!!!手持ちの現金しかない訳よ!泣くよ~

福岡を出るときにトノが「餞別だ」といって一万円をくれた。「ありがとう」とさっさと財布に入れると・・・

「普通はさぁ、もうチョット遠慮したりするんじゃないか?」

と、訳の判らん事を言うので無視して出かけたけれど、トノの餞別に支えられた北海道旅行だった。

ブログでなんだけど・・・有り難う!トノ!トノは私の守護天使だよ。飛べてないけどね・・・Img_2738

函館朝市の前には保存されている連絡船の摩周丸があった。碇の前で記念撮影してる人が多かったよ。海は目の前だしね・・・ゆっくり見たいものです。

Img_2740
函館朝市から車で30分ほど走った所に・・・急に現れた「昆布館」まさに昆布だらけ・・・

此処に寄るとお土産に「昆布飴」と言うモノを頂いた。

中身はいろいろだが私が食べたのは・・・チョコ味の昆布飴。チョコに昆布のだしが利いてて・・・その後は食べていない。

この後、国定公園の大沼公園に行くのだが、今回は此処まで。






« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »