フォト

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

今日の献立・・・新商品が出た

いつものように、うちの近所のローソンへ行くと・・・



ブランシリーズに新商品!



期待の「ブランのセサミロール」!!!

何が「期待の新商品」かと言うと


Img_6262

ああ・・・・またもや画像が・・・なんで???

やっぱパソコンが壊れそうなのかも(-_-;)

えっとですね

普通のロールパンのように長くて、そして切れ目が入っているんです。だから「バンズ」として使えるわけ。

袋に書いてあるんですけど(画像の関係で読みにくいですが)



「挟んで食べよう。からあげクン五個当たり糖質6.5g。セサミロールと合わせても糖質12.7g」

つまりローソンのからあげクン、と言う商品との《抱合わせ販売》を目論んでいるわけね。

だけど糖質としては優秀な商品。

からあげクンと挟んで食べるのは外出時、止む終えない場合のみ(笑)にして・・・普通なら自家製卵サラダとか、ハムレタスサンドにしてみるとか

何より「バンズだけで売って欲しい」と糖質仲間の「お昼寝ねこさん」とブログ会話をしてたばかりだったので嬉しいのですよ。

ただし・・・

Img_6264
これ・・・実は福岡に在る「鳥越製粉」と言う会社の「パンdeスマート」と言う商品のモノなの。だから、


バンズの味が・・・ねぇ(-_-;)

大昔、糖質制限食を糖尿病の医師に勧められた時に買った商品なの。




不味くって一度注文して終わり(-_-;)

セサミロール・・・胡麻のパン。にして風味を誤魔化しているんだろうと想像します。


商品が出るだけありがたい。そう思って明日は何かサンドして食べてみようと目論んでおります。


お値段、105円。これは安いんじゃないかな。《糖質制限のパンとして》



っと・・・糖質制限をしていない人には全く意味不明の新商品のご紹介でした。





★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜






今日の献立は・・・


本日の最高気温15度の福岡市。春だねってことで



Img_6256

あ。。わりと普通の画像で出た。

わけぎの酢味噌。うんまいのよ。ああ・・・・・これに山椒が在れば(T_T)

山椒は数年前に青虫に食われ・・・・(-_-;)ああ(涙)


Img_6257
これは駄目画像(-_-;)


芹のシーチキン酢の物。酢は「柚子酢」を使いました。さっぱり爽やか~


芹の風味を味わいたいなら・・・田んぼの脇に生えている「田芹」が一番!

丈が短くて、一見すると「雑草」みたいなんですが、これが噛むと凄く風味が在るんです。





採りに行きたい・・・田せり。




Img_6258_1

親鳥スープで作った、おでん



Img_6260

親鳥スープと塩で味付けした「ちゃんぽん」



親鳥は、魔女の「呪いの鍋」のように我が家の台所の圧力鍋の中でプカプカ浮いております。
















本日のカテゴリーは、MOCHAさんのアドバイスに従って「複数のカテゴリー」を選びました。



ってことは毎回、複数のカテゴリー?

2014年2月23日 (日)

今日の献立・・鶏ばかり

え~、先日、お会いした東京のB氏の《アドバイス》を頂きまして・・・


記事はカテゴリー別に、読みやすい方が良いと言うことで「今日の献立」は《グルメ・クッキング》といたします。

その他の「お話」とは別といたしましょう。




今回は鶏づくし・・・(^_^;)



Img_6251

親鳥の「もも肉」の部分だけを、生姜・ニンニク・コカコーラゼロ・酒で煮ました。


Img_6253

親鳥のスープを取った後のお肉を骨から外し、カレーといたしました。

骨付き肉は食べにくい部分が多いですが、一度、火を通している為、骨から外し易くなっていていますからカレーに入れて・・・・って、

最近、写真がボケてるなぁ(>_<)



Img_6254

またもや・・・唐揚げ粉。今回は・・・フライドチキンの素を使って揚げました。


トノは食べながら、台所に居た私に「うまいよ、ヒメーーー」という。

だってフライドチキンの素だもの。というと・・・

「(@_@;)え?手作りじゃないと??」と。



そんなもの!手作りより、美味しいモノがイイに決まってる。


だいたい、そんなに美味い物が簡単に作れるなら食堂やってるよ。





鳥は・・・そろそろ食い飽きた。

明日は・・・なんにしようかなぁ

2014年2月22日 (土)

前の記事のコメントを放り出したまま・・・新規記事を書くことをお詫びします。



実は・・・・

私がブログを書くきっかけを作ってくださった東京の糖質制限、糖尿病のお仲間の方が仕事の関係で福岡に来られたので二日間、お供させて頂いておりました。



ココログ友達の、はるちゃんが去年いらした時と同じく、なぜか東京の方に福岡の町を案内していただきまして・・・

「へーーーーーー」の言葉連発でした。(^_^;)








逢ってすぐに・・・


「ベートベンの《ウ》に、てんてんは、どうやって打つんですか?」と地下鉄の中で聞いたら

「VU」です。と。




またまた「へーーーーーー」


「おさかなさんて、カタカナとかアルファベットとか、小文字の「つ」とか「ちぇ」とか弱いよね」と言われてしまった。



もちろん自覚あり!




今更ながら小学生のように「ベートーベン」を引き合いに出しローマ字を聞くとはっ!(>_<)



小学生の時は、まだ、「ベートーベン」だったのよ。



最近になって「ウ」に濁音が付くようになったのよ。




で、また聞いてみた。




「あ」に、てんてんって・・・どうやって打つの?




携帯で「あ」と打って、てんてん、だよ。と見せてくれたけど・・・・


その場で納得したが



パソコンだと・・・打つの???

2014年2月19日 (水)

唐揚げ粉の《正しい》使い方

このブログの読者並びに、たまたま・・・観た。って人の殆んどは「唐揚げ粉」の使い方って知ってると思う。


じつはわたくし、このたび、初めて知りましたの。







市販の唐揚げ粉の正しい使い方を!

ええ、いままで家に「唐揚げ粉」って在りました。





でも・・・私が親と住んでいる頃は「唐揚げ粉」って無かったような・・・

今から30数年前の事ですがね。


我が家の唐揚げが、《唐揚げ》で無いことに気が付いたのは高校を出て働き出してからの事。

或る日居酒屋へ連れて行かれ・・・「唐揚げ」を注文すると・・・


違うものが出てきた。

「これって唐揚げじゃないじゃん」と思っていたが周りはお構い無しに食べている。

それに「肉じゃが」だって・・・・違うものが出てきた。

「これって・・・すき焼きじゃないと?」

周りは構わず食べている。



そうして「我が家の唐揚げ」が、唐揚げでは無く「竜田揚げ」だと、しばらくして判った。


竜田揚げとは、肉に下味をつけてから《片栗粉》をまぶして、揚げたもの。


これが、私の家の「唐揚げ」だったのよ。



そして居酒屋で食べた「肉じゃが」も・・・・

我が家では、ミンチの肉とジャガイモだけで、甘辛く煮たものが「肉じゃが」だったんだけど居酒屋で食べた「肉じゃが」には牛肉とジャガイモと玉ねぎ、人参、そして糸こんにゃくが入ってて、まるですき焼きみたい。だったのよ。


そんな風にして「外で食べて初めて家の料理が《違っていた》」と言う経験。在るんじゃない??



そうそう、それでね。母が亡くなった後のうちの台所に「我が家では使った事の無い、唐揚げ粉」なる物が大量にあったの。

何で大量だったのかは・・・不明。


で、使ってみたら案外、簡単で美味しい。だけど子供の頃から慣れた味は「竜田揚げ」の唐揚げなんだよね。


そうやって今までは「唐揚げ粉」の裏面を観ずに、鶏肉に唐揚げ粉を直接まぶし、揚げてたの。


そしたらさぁ、あまりにも美味しくない「唐揚げ粉」を買ってしまって・・・なんでこんな不味いんだろう???と




袋の裏面を見てみた。



すると・・・


唐揚げ粉に水を入れて、よく溶いてから鶏肉を漬け込む。と書いてあるじゃないか!






えええええ!唐揚げ粉って・・・水で溶くの????



不安になりながらも・・・やってみた。



Img_6247

天婦羅と竜田揚げのハーフみたいな唐揚げ?

チョイと食べてみると・・・さっきまでの不味さが一転、美味いじゃないか!

総菜屋の唐揚げみたいだ。しかも揚げたてだからカリカリしてうまい!

実は総菜屋の唐揚げは好きじゃないと。

なんだかカリッとしてなくて肉が(皮が)ぷよっとしてて・・・


Img_6248
おいしそうでしょ?


でも最近、ウチの一眼レフ、ボケてない?ヘンだなぁ・・・




そうそう、話を戻すと、この唐揚げはトノの昼ご飯のおかずに作ったの。


こんなの作った事が無かったからトノはうまい。と言って



「総菜屋の唐揚げみたいだな」と。



それって何となく喜んで良いのか?そうじゃないのか?判らないコメントだ。


これからは「水に溶いて」揚げることにします。



2014年2月16日 (日)

今日の献立・・・大雪のニュースの中で

関東やその他の地域では大変な雪の被害のニュースが飛び交っておりますが・・・

ここ福岡の博多では、車の中ではポカポカ陽気

買い物に出かけた後で、うちの山の畑に行ってまいりました。穴掘りに(-_-;)



うちの山の畑に、例の「甘草」を植え付けるための「穴掘り」なんです。

深さ1m、長さ6メートルほどの穴を二人でスコップとクワで掘りました。

すぐ横が竹林なので竹の根がはびこっていて、掘るたびに根が邪魔をします。

そこをクワで一撃するのです。結構ヘトヘト・・・(>_<)


そして石灰を一面に振りまき、作業は終了。



畑仕事の見返りは・・・




Img_6244

そうなのよーーーーー

掘り出していた竹の根に・・・筍を発見!しかも二個も!



土の上に出ていない、小さな筍だったので全くエグミも無く、酢味噌でボリボリ頂きました!



雪で大混乱のニュースを見ながら・・・春は土の下ですくすく育っていました。


同じく、道端には土筆が顔を出し、たらの芽も


(たらは畑に植えたものです)



帰りの道すがら歩いていると《脱輪》してる軽トラを発見!

運転手はいない。助けを呼びに言ったのか?

トロトロ帰っていると二人の若者、そしてお爺さん!やっぱり年寄りかぁと、トノと若者二人で、ヨイショヨイショと、側溝からトラックを引き上げる(笑)

うちの義父くらいの年の方だし、義父も、よく脱輪を知るので人事とは思えず(^_^;)


何で年寄は脱輪するのかねーーーーー

そのくらい運転技術が落ちてるのかしら《恐い》


今日は直売所で「親鳥」を買ったのでスープを取り、ゆで卵を作り・・・あ!ゆで卵の丸いほうに包丁で穴を開け(ブスッと刺すだけ)茹でたら、ツルリと向けたわよ!

大根も下湯でして《おでんの準備完了》


大根の皮で・・・


Img_6246

大根の皮のキンピラ~

タカノツメを二本も入れたんで結構ビリビリ(>_<)でもうまし!







今日は黙々と穴を掘ったんだけど・・・


私、案外と、穴を掘るのが好きかも(^_^;)


なんかねえ、穴を掘るって言うか単純な「土いじり作業」って頭が「無」になっていいとよ。


「ここまで」という目標まで延々と穴を掘る。


体がポッポしましたわ!


血流がよくなったのか、更年期か・・・不明

2014年2月13日 (木)

こんなの使えない

病院の厨房で働いている方が「定年退職」されるので「お世話になりました」と、こんなものを頂いた。

ご自由に取ってくださいと書かれた紙袋から適当に選んだけど・・・



Img_6239

ごめん、またもボケボケ・・・(-_-;)


文字までボケているので解説!


高級蚊帳(かや)生地使用 堅牢友禅染 奈良・谷垣繊維 謹製

つまり蚊帳の記事を使った布巾です。色落ち防止加工済みなので漂白剤使用できるんだって。

そりゃ台所で使うのに「漂白剤」使えないと駄目だよね。

すごく好き~


で・・・



適当に選んだのに・・・



Img_6240
これだけの文様の中から偶然の一枚!

運がいい!!

ピンクとローズのハートにネコちゃん。この模様の名前も「ねこ」


「いぬ」も在りました。



こんなに可愛いと台所仕事も楽しくなっちゃうね~



だけど、勿体なくて台所には使えないなぁ~



しばらくはハンカチ代わりにしてみよう(^_^)v

2014年2月12日 (水)

お試しに・・・

インターポット


通販は忘れた頃に届く。



では・・・いけない。


あす楽、なんていうのもある昨今。



お試し価格、送料無料・・・そして何より、ブログ仲間の「ちゃちゃわんわんさん」のブログで《やっさ》紹介されていたから注文してみたら。





ちょっと忘れてた。



すぐに届かなかったから・・・




Img_6237


あーーーーー

ボケボケ!




リソウリペアゲル8ml&リペアウオーター(化粧水)

送料無料で1980円。



カタログを見てみたら・・・定価は意外と高い。


普段はマックスファクターSKⅡを使っているがネットで40パーセントオフなどで買っている値段に近い。


去年、SKⅡが切れてからは冬場なので「極潤」の化粧水とニベア。
朝はシートパックとロクシタンのハンドクリームを漬けてから化粧下地
と言うコースに変えている。


冬は保湿!!高級化粧品を使っても寝る時は《枕》が半分・・・吸ってしまう。






うるおい・・・枕???



やだやだーーーー(>_<)




で・・・たまたま広告が出ていたので注文した。




さて・・・これ(リソウシリーズ)どうなる事やら???




で、今に至る。

2014年2月10日 (月)

初めての「通夜式」

先日、友達のお父さんが亡くなった話しは書いたけれど、その後の話。


通夜は夜七時から・・・とだけ聞いていた。

今まで行った「通夜」は、自分の両親のときを含めて「自由時間通夜」だった。

「亡くなった」と言う知らせを受けて、通夜の行われる場所へ「夜になったら訪問する」と言う感じだったの。

それで「夜七時」と言われても「時間を気にするわけでも無く」用意していたら・・・


「七時なんだろう。早くしないと間に合わないぞ」とトノが言う。

ブツブツ言うので支度をして会場へ(葬祭会場)へ行くと・・・




司会者がいて、参列者がいて「通夜式」なる物が行われていた。





え?(@_@;)こんなの初めて!

式は一時間ほどで終わったのだけど・・・私のような考えの方が多かったのか、式の途中で入ってこられる方も多数いた。

「お葬式」は時間も決まっているけど、通夜もお葬式のように「式典」になっているとは・・・

つまり、夜の八時以降に「お参り」に来られた人は・・・もぬけの殻の会場に行く事になる。




それって・・・アリなの???



今はそうなっているの?


通夜の時は「駆けつけてきた」と言うことで、喪服ではなくて良い。と聞いて昔、友達の親が亡くなったときに3人で「普通の服」で行ったら・・・周りが喪服だらけで居心地の悪い思いをした。

だけど、今回も「普通の服」の方がいらして、私としては「それが普通」のような気がした。

仕事の帰りだったり、途中を抜けてきたり、知らせを「いま、聞いた」と駆けつけてきた感があるとよ。



トノは、「そんな話しは聞いた事が無い」と言う。(つまり通夜式の方が正解だと言うこと)

私は「こんな通夜は初めてよ」と言った。


どうなんでしょうね。


そして通夜の時に「香典」を持っていった。トノにお金を借りて。

一万円。

普通は2千円とか(割る数字がいいとも聞く)3千円とかが相場かな。

(反対に結婚式は割れない奇数がいいと聞く)


だけど彼女は私の親のときに香典を一万円包んでくれていたことを思い出したので、財布に無かったからトノに借りたらさ・・・


「一万円なんて高額な金額を包むもんじゃない!」と呆れられたのさ。

だから一万円を包む経緯を話したけれど、それでも納得していない様子。


トノの言い分は「一万円も包んだら死んだ事を喜んでるみたいだ。お祝い事じゃないのに高額を包むのは相手に失礼だ」と言う。


私の両親の時に「親しい友達」は、みんな「一万円」包んでくれたし、少ない金額と「花」をくれたりした。

それ以外の知り合い程度の人は・・・二千円とか三千円だった(この金額は普通だと思う)


また通夜では私と宗派が違うせいか聞きなれぬ「お経」と法話などがあり、途中、お経が「浪花節風」の節がつけられた「歌」みたいで・・・

へーーー。こんなお経も在るんだな。と思っていました。



ちなみにうちは(私の実家)禅宗なので、法話とか・・・無かった。



その法話で・・・

「南無」と言うのは「助けてください」と言う意味で、その後に続く「阿弥陀仏」とは、阿弥陀様の事なので

どうか助けてください。阿弥陀様

という事なのです。と。


またまた・・・へーーーーーー



しかしトノと「通夜」で、こんなに意見が違うとは。




なんか通夜の帰り、私達は車の中で険悪なムードになっていた。



南無~南無~(-人ー)


2014年2月 7日 (金)

不謹慎な私

インターポット
おさかなさんの庭を見に行く



「下書き」として保存する筈が、アップされていました。

コメント入れてくれた小夏サンごめんなさい。





実は木曜日の夜に友達から電話が在った。




なんか、やーーーーな予感。
そして的中。



彼女のお父さんが亡くなった。



静かに話を聞き、余計な話しはぜず、電話を切った。

こういう時って電話連絡する場所が多いから早めに切る事だよね。
通夜の日時と葬儀の時間だけ聞けばいい。


私のときも、そうだったけれど、親族は結婚とかの話は「広められる」けれど、葬儀の話って「来てください」とは・・・広めにくい。

聞いた人が広めるしかない。だが・・・高校の時の友達って、すでに地元を離れている事も多く、私から広める「人」が居ない。
前に私のブログで紹介した鉄の彫刻家の先生だ。
その人が友達のお父さん。84歳だったかな。

年としては十分だし、家族からも愛されて.毎日のように子や孫が病室に訪問していたので幸せな一生だと・・・思うことにした。


何よりも大学で教えたり、個展も数年に一度、開催し、たいがいの作品は「売約済み」だったので、亡くなって通夜や葬儀に弔問される人数もハンパじゃないと思われる。

一部、地元紙にも、出るらしいし。


その電話を受ける前に観ていたニュースを思い出した。
ある作曲家のゴーストライターが居たと言う話。


そう。そのお父さん。彫刻家なんだけど自分の作品よりも「ゴースト」として世に展示されている作品が多い。


何にでも裏がある。

著名人ほど、ゴーストは存在してるんじゃないだろうか。

友達は言ってた。


「なんかねえ、子供の落書きみたいな絵を描いてきて『これ作ってください』って言うのよ~。
自分じゃ彫刻の「計算」も出来ないくせに、著名だけど自分じゃ作れないのよ」



ふーーーーん。


彫刻ってだけじゃなく「構造物」は大きくなれば計算が必要。
建てて倒れちゃ困る。
そんな事も出来ない奴が、何故か芸術家ずらしてる(-_-;)


しかし有名な奴の「ゴースト」でも、世に自分の作品を出せるわけだし、お金にもなる。
芸術家も「夢・かすみ」を食べて生きては行けない。

お父さんは子供3人と自分の兄弟を彫刻と言う仕事で食べさせて、家も建ててやった。
「ゴースト」を責められるか?

責められるのは「自分の作品を自分で作れない者」ではなかろうか?











そんな真面目な話を書いておいて・・・なんなんだが。






友達の電話を受け取って「誰も死に際に間に合わなかったのよ」と震える声で話す・・・間、私が考えていたのは・・・





靴が無い。





と言うこと。






いつかは買わねば!と思いながら・・・冠婚葬祭用の靴が無いとよ。




今夜、通夜に行くんだけど、どうしよう。



2014.2.8に撮影した【おさかな】さんの【チョコファウンテン】での写真です。



2014年2月 6日 (木)

今日の献立・・・こんな物を育ててるトノ

Img_6219


苗屋さんからインターネットで届きました。

さて、なんでしょう?と言ったって判るわけ無い。芽も出ていないから・・・あ、一部出てる!




アップで見て見ましょう


Img_6220

手前のボケた「木の枝」は無視してね。その奥の、これまたボケた芽!

(一体何処に焦点が在ってるのか一眼レフ!)




これは、観たことの在る人の方が少ないと思いますが、名前を聞けば・・・





「あーーーーー」となる筈。






カンゾウです。




漢字で書くと・・・甘草。




色んな薬などに使われています。





トノ・・・何にするの???(?_?)





オリーブの次が、シークワーサー。そして、次がこれ。




聞きはしませんが・・・あまり聞く気にもならず(-_-;)









ま。そう言うこと。










メモリーが一杯になってきてパソコンの動きも悪く、ブログの画像も取り込めなくなって着ました。

そろそろ・・・ブログもお終いか(-_-;)





お終いになる前に、今日の献立。



Img_6227

トノの大好きな「トン足」

醤油とニンニクで下味を付け、魚焼きグリルで焼きました。美味しかったそうです。

私は食べませんけど・・・


「トノ、熱いうちにトン足を食べて」と言うとトノは・・・ムンズ!と私の足を掴むんだなっ。バカめっ!!



Img_6224

ネットから送られてくる情報の中には料理も話題も在り、作って見ました。

冷凍のシーフードミックスとブロッコリーの炒め物。

①タカノツメとニンニクをオリーブオイルで炒めて香りが出てきたらシーフードミックスを入れて炒める。

②ブロッコリーを入れてシーフードミックスから出てきた水分で蒸し焼きに。

③ハーブソルトで味を調えて出来上がり。とっても簡単であっさりした感じ。うまし。でした。

ホントはアンチョビを入れるんだそうですが・・・アンチョビはあまり好きで無いので入れませんでした。


そげな、洒落た物は滅多に家に無い。



Img_6229

トノ餃子。

なぜ「トノ餃子」と言うかは・・・タネは私が作り、包むのがトノだから、トノに敬意を表して命名。


うちでは洗濯するのは私で、畳むのがトノの仕事となっております。


そんな時は「お手伝いトノ」と呼んでいます。

これも敬意を表しているのです。




がっ・・・




トノは「このクソタレ野郎」と私を罵ります(ののしります)






なんでやろう・・・

2014年2月 3日 (月)

その後のその後・・・

2014.2.3に撮影した【おさかな】さんの【温泉】での写真です。


前の記事「その後」のその後です。



今夜、また全員(13部屋中、活動できるような人7人)が廊下に集まり「くじ引き大会」となりました。

日頃、清掃活動にもほとんどの人が参加しませんから、同じ階の人に会うのは・・・数年ぶり!

それも凄い話(^_^;)







結果として私に当たりくじは廻って来ず!

今年くじ運が無いことが功を奏したのか、はたまた、これが「運」開き?で良かったのか?




だけど・・・なんだかなーーーーー


くじを引いた人が可愛そうになって、日頃、お付き合いの無いのに「当たりくじ」の方を励ます皆様たち。

そして吹きさらしで寒くなってきた廊下なのに、しばらく立ち話となった・・・



思ったのさ。



もしかすると・・・




ホントは




皆さん、何となく・・・・お付き合いを求めてる????かな・・・っとね




顔も知らない人も居たし(入居して挨拶も無かった人)



いきなり親しげに話しかけられたり(私が組長をしたとき以来、話した事が無いのに)







こんなきっかけが無いと話もしないのよね。




殆んどの人が働いているから。




それ以外の(7人以外の人)人達は、生きているのか、死んでいるのか・・・死んでは居ないが(笑)


死んだ人のように「会うことも無く」「話すことも無い」



なんだか悲しくなってしまいますね。






「くじ」が当たらなくて、良かったが気が重くなってしまったし、

「当たった」人の事を思えば・・・素直に喜べない。




せめて「3役」(町内会長・副会長・会計)に選ばれませんように・・・と思うだけ。





と・・・思うと他の階から出た人が、役員をやることになるのだから







ぐるぐると、不幸の手紙が廻るような気分です(-_-;)





その後のその後が、こんな話の結末でごめんなさい。









ただ、



うちの階に住んでいる人は、それほど悪い人は住んでいない。と思えました。



数年後、現役引退?して老人会に帰属するようになったら、お互いの家を行き来するようになるかもしれません。


そうなれば、また「町内会」と言うモノに対しての考え方や、自分の活動も変わってくると思います。




多分死ぬまで?建て替えで出て行くまでは、今のところに住み続けるでしょうから「善い方向」に、転んでいくといいな。

2014年2月 2日 (日)

その後の話

インターポット
おさかなさんの庭を見に行く


氷の世界って・・・こげんふうに、なっとるとね。と・・・ココログ以外の人には判らない話ですんません。



一応、前の記事「町内会の悩み」の続編。

進展は特に無し。

進展とは言えないが・・・今日、日曜日の夜に廊下に集まって話をした。
老人の家とか事情のある家の人意外だと・・・13部屋ある私の階からでる人は7人。

その7人から「町内の役員会」に出る人をひとり選出する。



その人を「くじ引き」で選ぶ事になりました。


組長さん(各階の)意外に「会長」「副会長」「会計」の3人を選ぶと言うのです。


それを・・・くじ引きで(^_^;)


7階建てなので7人選出されて、3人選ばれると言うわけ。








そんなことで良いのか?






でも・・・そうしないと絶対に決まらないんだよね




役員の任期は最低でも二年だそうです




もしも私が選ばれたら・・・無理(-_-;)







今夜、集まったものの二人と連絡が付かず、明日にくじ引きは持ち越しでした。






あーーー
あーーーー
あーーーーー
今はくじ運が悪いから、選ばれませんように(祈)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »