« いったいこれからどうなるんだろう・・・ | トップページ | 今日の献立・・・ドナドナ現象?? »

2016年5月 8日 (日)

たくさんのコメントを有難うございます






今日、亡くなった院長の葬儀に行って来ました。

これと言って通夜と変わりない進行で式は進み「滞りなく終了」しました。


変わった事と言えば「花が大量に増えた」事と通夜には無い院長への「答辞」があったこと。

生前の院長の「善い話」が語られ、早すぎる突然の死を悲しむ啜り泣きが場内に聞こえていました。


そこで来場した方々は思われたはず。

「何故、後継者が娘なのだろう」と・・・


親族代表の名にも「妻・長女・次女」の名前。つまり娘婿の名前が無い。


通夜式では妻である「喪主」の挨拶があり、葬儀では「長女・医師」の挨拶。


そして「これからは父の遺志を継ぎ、精進していくつもりです」と。


普通はね、男の子が居なかったら、娘の旦那が挨拶するんだけど・・・




やっぱり、娘の旦那は全てから外されてる。



こうなった上は「後は継ぎません」と宣言してても病院の危機なんだから何とかするもんだろう。と思うんだけどね。



患者さんや関係者も「娘婿が整形外科医」と知ってるから・・・不思議だっただろうね。



一緒に葬儀に参列したシルバー人材センターのおじさんも、この状況を不思議に思っていたようです。



そして院長一家の事情を話すと「ああ、それでか・・」と納得。


実は娘婿の先生は昔は時々、週末だけ院長の代わりとして患者さんをウチの病院で診てたんだけど、その時に看護師から・・・



「あの先生が病院に入るなら《院長の代わりに》辞めます」と言う話が在ったそうなの。

私はその話は知らなかったけどね。

病院に関わらず、会社でも部下が付いて来ない上司は駄目だもんね。


葬儀でも「医は仁術」と言う言葉が出ていたけれど、亡くなった院長先生の人柄を現す言葉だと思いました。



医者と言うよりも人として「平等」「人を助ける」と言う思いが強い方だったのでね。

先生が亡くなった事もショックだけど、たぶん皆これからの病院のことが不安だろうね。





私も何事も無ければ《何か大失敗をやらかして辞めさせられる事がなければ》このまま80歳ぐらいまでは働けるかな。と思っていたぐらいだもの。


今、病院に来ている「掃除のおばさん」が80歳なのよ。



実は前から書いてるけどトノは今年定年。でも後5年ほどは職を保障(あくまでも予定として)されてるんですが、今月半ばから《仕事の内容が変わる》ので収入が減ります。

定年前に定年設定の仕事と収入になるとよ。前倒し。ってやつかな。



月10万減る。これって痛い。



悲しい話ですが現実だものね。


実は去年末から「我が家の収支」はトノがやっているの。


私は「貰ったものを全部使うタイプ」だから


トノはマメだからね。任せてます。



皆さんのところはどう家計を廻してるのかしら?

今は毎週、トノからお金を貰って毎日の必要なものを買ってる。

私は歯科・眼科・内科に掛かっているので「その分」を別に貰うけど。


そうやって節約に努め、来るべき「定年後の生活」設計を立てているわけよ。





そんな中の院長先生の「死」さらに、病院を襲う後継者の問題。




すぐにクビとはならないだろうけど、前の記事に書いたように「足元が揺らぎ」を感じます。




たとえば・・・ブログ友の「姫乃さん」のBOSSが突然「みまかわれた」としても

「できる女・姫乃さん」なら《引く手あまた》状態だと思うのさ。


でもね・・・50歳過ぎてからの転職《パートだとしても》難しいだろうな。


体力じゃなく《気力》


初めての仕事。初めての人間関係。これって非常に緊張します。


若い時よりも、もっと緊張する。



一緒に葬儀に行った、シルバーのおじさんも自分の年よりも若く亡くなった院長のことを考えると「いつまでも働いててもなぁ、今が辞め時かな」なんて言い出だすし・・・


ちなみに院長69歳になったばかり。年よりも若く見えてた。元気だった。心臓なんて問題なかった。らしいから廻りもビックリ!!



前の記事のレスも書かないで・・・申し訳ない。


でも、今は足が地に着いてないような感じなの。



もちろん熊本の地震で家を失った人たちに比べたら何て事のない話ですけどね。




いま、外はシトシトと雨が降っています。


ザーザー降りでは無い感じが今の私の気持ちと似ている。




シトシトっと・・・






すぐに結果が出る訳じゃないから数ヶ月はこのままかも。




今の仕事にしがみつきたい訳じゃないのです。


我が家の将来の不安が押し寄せてるの。



この雨のシトシトのようにはっきりしない私の感情です。

« いったいこれからどうなるんだろう・・・ | トップページ | 今日の献立・・・ドナドナ現象?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うんうん
ボチボチと

お通夜の参列 お疲れ様でした
院長先生が居ないなら。。。ってシルバー人材センターのおじさんの言葉で
院長先生のお人柄が伝わってくるだけに
おさかなさんの仕事もだけど
病院の今後が心配  不安だね

月10万減るのはキツイなぁ、、、
不安な気持ち お察しします
でも…なるようになるさ
うちのお客さん 定年した人多いけど
なるようになってるよ
たくさん年金もらってる人は のんびり暮らし
年金少ない人は 警備会社とか駅で自転車整理とか
色々お仕事されてます
今の65歳ってまだまだ働けるもんね

あ…うちのBOSSね…
あれだけ病院で定期検査してたら
まずは死ねないだろうね!
むしろ、会社をタタムとか言ってくれないかと
思ったりもするという
なはは
こちらが思うように事は運ばないのです…(_ _).。o○

うちも、だんなが定年したら、収入が半分になっちゃう(・。・;
人ごとじゃないわ~~~

わたいが通ってる歯医者さん、院長が40歳のときになくなって、
小学生だった息子がやっと歯医者さんになった(^_^;)
その間、やとわれ院長さんだったよ~~

突然の出来事
自分も家族も、これからの事もすご~く、不安になるだよね。

高年齢の転職、仕事めっきり無くなるからね・・・

そっか~。
病院がどうなるか…、はともかく
それによっておさかなさんも困ることになるんだね~
10万は大きいもんね。
なんとかいい職が見つかればいいけど、自分に合う仕事ってなかなかね。
でもその娘婿…、
ひどすぎ~

そんなに社会に貢献している病院は残して欲しいなあ。
個人の病院やからなあ。
院長先生の大学のツテで誰か来てくれないのか?
なんなら私が行こか?
ジョーダン言うてる場合やない!

娘婿はあかんねんなあ。
でも「辞めたくなる」人の下で働くのも辛いで。
おさかなさんのお仕事までちゃんと目を配ってくれるんか
心配やん?
おさかなさんも大事なお年頃やのに。

誰かええ人が継いでくれますように・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たくさんのコメントを有難うございます:

« いったいこれからどうなるんだろう・・・ | トップページ | 今日の献立・・・ドナドナ現象?? »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ