フォト

無料ブログはココログ

« ちょっと行ってた(予告編) | トップページ | ちょっと行ってた&届きました »

2017年9月11日 (月)

ちょっと行ってきた(本編・画像多し)

さて、まずはハウステンボスの中の風景を、ドドッと

Img_0481



Img_0483



Img_0484


Img_0462


運河ではカヌー教室も行われてます。そしてこの横には「セグゥエイ」の試乗体験もあり(1千円で30分だったかな、これがしたかったのに時間が無くて残念!)


Img_0486

履いてみた木靴。オランダは海抜ゼロらしく、湿気が多いので木靴だと解説して在りました。



Img_0487

はい、デカ木靴。両足が入ってます。実はこの時、ゆらゆらで倒れそうで怖かったの。

Img_0488



木靴が置いて在ったのはチーズのお土産屋さん(多いです!何箇所もあります。で、お土産屋さんでは持ち歩きが邪魔な人のためのサービスとして、出口まで無料の配達をしてくれます。帰りにお土産はまとめて持って帰る。と言うわけ)

で、このお店ではオランダの民族衣装をレンタルできると。時間さえあれば着て見たかったね~(お城に行った時に、鎧兜の試着はしたことがある。)

奥に居るのは「人形」です。




Img_0489


これ、ブログの皆さん、見覚えないっすか???


実はこれは「水陸両用車」全国に4台だけ。しかも同じ会社の経営。一台一億円coldsweats02

確か・・・数年前に大阪に行かれた方々が乗っていたような・・・あの会社と同じです。

んが、ここだけ違うことがあるとよ。


それはね、ここだけは「海仕様」なのだ~他の地域は大阪の淀川だったり、琵琶湖?だったりと「水・淡水」なんだけど、ハウステンボスは長崎の「大村湾」に面している為、海に「海水」に浸かる為、他の車両よりもメンテナンスが大変で、海から上陸する時には、一旦、車両用の「水プール」に入り、水ホースにて海水及び「海中生物」を落とす。と言う作業を数分するのです。

じゃないと・・・・何故か「くらげ」が落ちてたり(道端に)、海草が・・・魚が・・・という事になるらしい。(そりゃ潰れた魚は見たくない)



水陸両用車両は「タイヤ」が出たままなので、水中のゴミなども、そのままタイヤにくっ付いてきてしまうらしいです。大変だね。






では水陸両用車で海からのハウステンボス風景。




Img_0492


動かない船。でも本当の船らしいです。



Img_0493



ヨットハーバー。ハウステンボスは一度、潰れて施設は旅行会社「HIS」になり、いろんな施設も切り売り状態。このヨットハーバーも今では「長崎市」の管理になり以前よりも「管理費」がお安く・・・月々50万円(汗)

県外の所有者が多く、お休みにハウステンボスに泊まり、ヨットを楽しむと言う方が殆どらしいが、現在は2組ほど「船住居」してあるらしいです。(電気水道完備)


金持ちは何処までも金持ちなんだね・・・





Img_0495



Img_0498



湾内で出会った観光船。どっかで見たような(佐賀の唐津の鯨のジーラみたいだ)



この私が乗った水陸両用車は有料で2500円。(予約制だけど当日すぐに取れた)




約45分(あっという間)の湾内クルーズも終わり・・・次はハウステンボスの運河を行く船からの風景。





Img_0501


大村湾の海水と川からの水の混ざる運河を屋根付きの船が行きます(これは入場パスを持っている人は無料で何度でも乗れます。園内の施設はかなりの部分で無料です)


Img_0502



えっと・・画像を撮ってないのですが(船の中からの撮影で人が映りこんでしまうので撮ってないの)この運河沿いには、住所が「ハウステンボス」となっている「別荘地」もあります。

つまり園内に別荘という事。別荘として買っている方と、定住されている肩が混在してるそうです。ハウステンボスも開園して25周年。やっぱり見ていると、あちこちに補修の後が・・・海沿いだもんね。でも別荘もメルヘンチックな建て方の物が多いです。オランダを意識した外見で、洗濯物が干してあるというわけでもなく・・・やっぱ外国に居るみたいだね。




そしてお食事。でも画像は無し。その代わりに・・・


Img_0506


一番格調高い。と言われる「ホテルヨーロッパ」にて昼食。メニューは・・・ま、ナンタラカンタラ。

美味しい。ような。味薄い。ような。何食べてるんだか判らんような・・・とにかく貧乏人には息苦しい雰囲気。

水を飲む音まで(ゴクゴク・・sweat02)室内に響きそうな静寂の中(フォクとナイフを使う音だけ)淡々と訳のわかんない料理が運ばれてきます。時間がゆっくりだから満腹になると言うだけで、一挙に持ってこられたら「足りんぞーーーー!」と言う。

そんでもって値段を見たらきっと暴れるような価格なんだろうなぁ・・・


ところでさ、右上の「名刺」みたいなのわかる??あれね、ちょっとビックリだったんだけど、実は「お手拭」だったのよ。昔の駅弁に付いてるような紙の封を切って取り出すタイプのお手拭。「ホテルヨーロッパ」なのにこんな物?ってみんな思ってた。


でももしかするとこれが正式なのかも。

だってホテル「ヨーロッパ」なんですもの。お手拭の文化は日本発祥でしょ?ヨーロッパには「お手拭」文化は無いのよね???どうみなさん??

Img_0507


ドムタワーと言う実際にオランダに在るという建物からの眺め。全体を一望できます。


Img_0455_1


これがハウステンボスのシンボル「ドムタワー」(昼)

Img_0480


そして夜。

ライトアップされたドムタワー。その下には電球で作られた「滝」。そして運河(水の中)も夜はライトアップ。



この画像だと中央から右奥の辺りにオレンジ色の「戸建て住宅」が並んでいますが、あれが別荘地です。本当に園内なのです。運河で仕切られているので一般人は「侵入」出来ない仕組み。


Img_0508

上の方に白い横長のお城のような部分は夜になると「太鼓の達人」と言うゲームの巨大スクリーンになります。その横のオレンジ色の球体は「巨大ハロウウインがぼちゃ」
ハウステンボスは今、ハロウイン一色です。


Img_0475



夜のハロウインかぼちゃ。人と比べると、巨大です。

Img_0457

朝の町並み。人は少なめ。開店前の店が立ち並びます。


中央には広場があり、生演奏、生歌ステージが一日中。

Img_0456


歌っているのは外人さん。演奏も外人さんが多いです。

Img_0476



夜はホテルバイキングで気持ち悪くなるほど食べ・・・wobbly

その後、「ハウステンボス歌劇団」の舞台を拝見。(中途半端な宝塚歌劇団と言う感じ)


ファンが居るらしく、ステージの最後にメンバーの名前を呼びながらの踊りになると・・・バッグから「ペンライト」が・・・苦手な世界だな~coldsweats01



Img_0511



池の周りに建物が在ります。ここが「ホテルフォレストビラ」と言って一軒建てのコテージホテル。ここに泊まりました。

Img_0448_1


これがコテージのベランダからの風景。遠くにドムタワー。水面には・・・モヤモヤ虫sad

Img_0454



二階に2ベットルーム。計4人泊まれます。下はリビングにミニキッチン。トイレ・バス。


園内は広いので到着の「入国ゲート」からホテル宿泊者用の巡回バスが出ており、歩くことなく各ホテル前まで行くことが出来ます。園内から一般道を通る車両にはナンバープレートが付いており、先ほどの「水陸両用車両」はなんと!!湘南ナンバーsign02

神奈川県で製造されてハウステンボスまで高速道路を使って実際にドライバーが運転してきた。とガイドさんの話。でも・・・水陸車両は「窓がない」んだよね~

運転してきたドライバーさんは途中、注目を浴びて恥ずかしかったとか・・・


Img_0468



あ、そうそう、ハロウイン季節の為か、夜には仮面舞踏会が・・・貸衣装も多数ありますよ~

あ!仮面も貰いました!




さてこの後も、話は続く・・・・(問題の大変な事です)



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆




って、昨夜、ここまで書いたのですが、この先の話は書くんだけど、何が問題だったかを書くと・・・

ちょっと駄目かなと思うとよ。




で、次は面白い事を書くんだけど、「何が大変な事だったのか」は書かないことにします。











« ちょっと行ってた(予告編) | トップページ | ちょっと行ってた&届きました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あ~れ~一番の興味が…続いてもうた
なはは
ハウステンボス歌劇団、わたいは好きさ~

えーー
その大変だったってのが
ミソな気がするだに…(´-ω-`)
あーがっくし…
上からの眺めは
ヨーロッパの雰囲気よく出てるね(。・ω・。)
このハウステンボスの外にあるホテルに
何度か売り込みに行ったことがあります!
ついでに泊まって、ハウステンボスで遊んだという

やっぱり 一度、泊まってみたいな〜
earえ!?
なんだー
予告から引張ておいてー
そこ、が一番興味ある話しだったのにー
モヤモヤじゃんか〜〜

みなさまと全く同感。(´,_ゝ`)プッ
モヤモヤだわ。

住んでる人がいるってびっくり~~!!
金持ちってホントに…gawk
あんまり羨ましいとは思わんけど。
どっちかというと、「船住居」の方が気になる。
海外ドラマではたまにいるよね~。

ダッグツアー、あれ?と思ったら、やっぱり大阪のと同じか~chick
懐かしい…。

フルコース、一挙に並べられたら足りんと思う…、分かる~!!
ちょうど昨日、ランチクルーズで同じ事思った。(´,_ゝ`)プッ
最後には満腹になるんだけどね。


すごいね~crown
こりゃ 1泊2日じゃ 回りきらないっしょ!
写真 大きくなるかと思ってクリックしたら
小~さくなった~happy02
自分のブログに何書こうと自由なんだと思うけど。
でも 誰もが見れるとこだから
やっぱり考えなくちゃいけない時もあるんだよね。
私は友だちに「イニシャルも載せないで」って言われたことあって。。
もう友だちとは言えない間になっちゃったけどねthink
格調高いホテルのコースで紙のお手拭き(´,_ゝ`)プッ
そー言えば フィンガーボウルっていう手を洗うボウルはなかったの?
間違って飲んじゃう人も いるって言う…happy02

busちゃちゃわんわんさんへ

・・・ってな事でした。


bus姫乃さんへ

・・・っという事でした。


busうずさんへ

・・・・だったとよね。

以上、聞きたい話は直メした皆様でした。


busつぶあんさんへ

読んだ読んだ。コメントかいたね。
そなのよ。ゆっくり食べるからなんとなく満腹になるフルコースよね。
だってさ、20人ぐらいの団体旅行で「牛の頬肉の・・・」なんて料理出してたら、牛が何頭も「ほっぺただけ」削がれてしまうわよ!taurus
もうね、高級なものって「元の味すら判らない」モノばっかりよ。

ダッスツアーを大阪に言った時にやってたよね?
確かうずサンも居たような気がするけど・・・それと同じ会社なんだってさ。
えっと、「マイアミバイス」と言う懐かしい刑事ドラマで主人公のドン・ジョンソンが住んでたね。
元々運河とか在る国では船生活の人が多いよ。イギリスとかオランダもそうだけど、NZとかオーストラリアもヨットで海から入国してそのまま住んでいる人、多いみたい。

busモカラテさんへ

フルーツとか海鮮などで「直接手で食べる食事」の時には「フィンガーボール」が付くようです。

中華の店に行った時に海老を出てむしって食べる料理の時に「熱いウーロン茶にレモンが浮いてる」フィンガーボールが出て、海老の臭いが取れて、脂のべとつきも無くて「さすがウーロン茶」と思ったよ。
これは家でも使えるね。つーか、家だと手を洗えばいいんだけどさ。

また 来ちゃったtulip
水陸両用車 うずはAUSで乗ったんで大阪では乗らなかったんだ
(人数分席が空いてなかったんだよ)
姫ちゃん、音姫さんとゴール地点へ先回りして 帰ってくるみんなを出迎えたんだ
覚えていてくれて ありがとさん
船上生活
うずのお友達AUSで長年、猫と船に住んでたよ(ゴールドコースト)
で、住所は私書箱だったのよ!
でも、最近はシドニーに引っ越してやっと 陸の上生活してるよ
揺れな〜〜いって言ってる(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386848/71680744

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと行ってきた(本編・画像多し):

« ちょっと行ってた(予告編) | トップページ | ちょっと行ってた&届きました »