フォト
無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

« さすらいの車中泊の旅・車中泊には理想の場所だった! | トップページ | 花が咲いてた »

2019年6月 5日 (水)

さすらいの車中泊の旅・行ったらとんでもないところだったキャンプ場





ども。


昨日に引き続き、5月31日から6月二日にかけての「さすらいの車中泊の旅」の佐賀県呼子からの、お話です。




ともかく「なんとなくちょっとだけ調べた程度」で印刷物も問い合わせも無く。。。いい加減なトノの夢想旅。


それが我が家の「さすらいの車中泊の旅」となる理由なの。


~~~~~~~~~~~~~~~~




Img_1544


土曜日の朝の港風景。車から歩いて数秒でこの風景です。海はいいね。



Img_1541



呼子大橋。



Img_1545




朝も「あさまづめ」と言って潮の変わり目が釣れるんですよ。埠頭に釣り人います。夜明かしでしょうか。。。




Img_1546



お店の前に居た猫様。人になれている様子ですが、ある程度の距離は保っています(それ以上、近づくと逃げる・笑)






Img_1547





睨まないで。。。。汗










~~~~~~~~~~~




ともかく前に書いたように、朝市を散策してから出発🚙💨😃






隣の長崎県鷹島へ。。。。橋一本渡るだけで長崎県です。



本土は佐賀県。離島はほどんどが長崎県のようです。





観光と言うよりも、トノには何か目的があるようで、車でうろうろしてる(また始まった「さすらい」)



どうやら。。。車に箱が在る。中身を聞くと「炭だ」って。。。もしや火を焚きたいのか?!



途中の公園(トイレあり)で休憩して(お茶飲んで)今まで開いた事の無い「テント」を開きだしたじゃないか???





Img_1573


買ってから、たぶん10数年?いやもっとなのか?


一度も組み立てた事がない新品テント(時代遅れっぽいけどね)



悪戦苦闘中。




Img_1571




もちろんココでテントを張る訳じゃなくて、「試しに」やってる。家じゃ組み立てられないしね。


二人用だというけれど。。。車内より狭いんじゃない?


何より、何か敷かないと下のアスファルトが焼けていて熱過ぎる!テント泊は一人用だな。でも全面網が張ってあって夜は涼しそうです。







で、組み立てて、片付けて。。。どうやら目的地を教えてくれた。




①観光としては「モンゴル村」へ行く。


無料の施設で動物と触れ合える。と話をするので私は大感激!!!(だってロバ?が居るって!大好きだ!)


その近くに「夕映えオートキャンプ場」と言うのが在るので、そこでキャンプだという。




トイレにシャワーが完備されてて、一区画4000円???(それって高いよ)と思うけど。。。。行ってみなきゃ判らない。





で、ナビで探していくんだが。。。。ナビも怪しい。。。。ナビは道なき道をいく???



獣道的なところを下っていくと不安ばかり。。。引き返そうよ(涙)って、急に開けたと思ったら。。。なんじゃこれは!!








https://camp-champ.com/yubae-nagasaki




これに詳しく書いて在りますが。。。。この方は遠慮がちに書いてあるんです。



本音はなんじゃこりゃ?これで金取るか?💢

 


これがオートキャンプ場か???💢






たぶん、判りやすく言うと。。。狭い空き地(100坪くらい?)



オートキャンプ場と言うわりに、車を止められないほどの狭さで、電源は無し。水道も無いから、シャワーなども期待できない。場所的に「ぽっとんトイレ」だろう。





何よりも週末だったせいか、利用者が車、3台ほどいて、その間でテント張りをしている最中だったモンだから、私達が車で侵入してきたら。。。




全員が(6名ほど)ミーアキャット状態で、こちらを凝視してる。


そりゃそうだ。この狭さに、私達のワゴン車が入ったら、テントも張れないし、何より日を焚くのは危険なほどの狭さよ。呆れて逃げるように退散した。








しかしかえってネットで調べてみたら、シャワーも無し。料金は4000円ではなく「大人一人500円。。。」となっている。




キャンプ場って人数なの?区画貸しじゃないの???しかもあんな設備で金取るって????詐欺よ。












さて気を取り直して。。。標識に「モンゴル村」と在ったので、向かう!(ウキウキ)








ったらさ。。。ココも。。。雰囲気が。。。妙なんだ。




施設も広く、凄くきれいなんだけど。。。





車が一台停まっているだけ。。。。人の気配も無い、あまりの静かさ。。。えええ????







トノがトイレに行ったあとで、丁度そこに居た「おじいさん」に話を聞いてる。








「もう、やってないんだって。二年前に潰れたらしい」






へ???でもなんでこんなに綺麗なんだろう?(展望所として管理されてるらしい。夜間は閉鎖されてる)






Img_1576



営業してそうに見えるでしょ?




Img_1577



左側の建物が温泉施設だったと。他に温泉のない鷹島で貴重な温泉なのに勿体無い。




Img_1581



モンゴル村からの眺望です。


私達がいる間にも、知らないのか?人はやってくる(だって看板もパンフレットにも書いてあるんだもの)








~~~~~~~~~~~~~~~~





二件も目的地が駄目で(いい加減なリサーチのせい)少々、疲れ気味で島を下る。。。。




それでも、アチコチ車で走り回るトノ。どうしても「火を燃やしたい」らしいのだ。





Img_1575





通称「崩れ埠頭」と言う釣り場。


ココは人も少なく(釣り人は居るよ)キャンプ場でもなく、何も無いところ。でも風が強いので火を燃やすのはあきらめる。




ロケーションは最高。トイレは。。。。野。。。だけど、朝、こんな場所で目覚めたいね。





で、また、最初の宿泊地へ戻った。(それが一番良い。ココの施設は本当に車中泊者にはありがたいところだと思う)




途中の道の駅で「カンパチの刺身」「捌いたカワハギ」を買って車で煮付けた。サザエの炊き込み飯。などを温泉施設の座敷に持ち込んで夕食。



午後八時まで、ゆっくりさせてもらって、後は港付近を夜の散歩。


そうやって「土曜の夜・二泊目」は過ぎていきました。






~~~~~~~~~~~~~~




二日目は、またもやトノが「火を焚きたい」願望で、唐戸島(かべしま)と言う島を車でグルグル。。。呆れちゃって。。。途中から腹も立ってきた。





そこで、ちょいとお小言を物申した!




で、腹が減っては怒りが増すのでスーパー&直売所へ行き食材を購入。昼ご飯はトノが作る事に(お片づけもね)






Img_1582





鮭を焼くトノ。






Img_1585




トノが改造した車内のテーブルで。。。。


ひめ筍と豆腐の味噌汁(インスタントの味噌汁に豆腐と筍を入れた)


買った「かしわ飯のおにぎり」と「ポテトサラダ」そして「焼きシャケ」




作っていただいたので。。。許すとした。




料理&車中飯は(写真を撮り忘れたけれど島の一番眺望の良い場所にある駐車場、料亭・唐戸島とか言うところの隣でした)








今回の反省点。


トノの無計画旅は崩壊しつつある。もう少しリサーチしないと時間と走り回るガソリンが無駄になる。


トノの妄想で「こうなる筈」と作った「換気扇システム」が全く役に立っていなかった。


(本当は私がした方が確実に良いものができると思うんだがね)




今日も日中は30度を上回る気温。


蚊も出てきたし。。。車中飯は汗だくになるし。。。。今期は最後の車中泊じゃなかろうか。と思うんだ。






トノが。。。。「火を焚く」のを諦めなければね。




だいたいさ、キャンプって冬するものだよ。



そう思わない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_1553






最後に、車中泊した呼子の港の埠頭なんだけど、一部、このように岩が敷き詰められていた。





なんでだろう?












~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





追記





呼子で車中泊をしようと思ったら。。。



車中泊場所は私達がしたところが一番です。そこしか温泉が在りません。

 

知らないだけかもしれませんが、地元の方に聞いても島には日帰り温泉もないようですし、


かと言って旅館や民宿などに「風呂だけ」と言うのも言い難い(大きなホテルは無いから、個々の施設が小さいからね)




そこで、観光は昼間、夜は港に戻って、風呂に入り、ゆっくり過ごすのがベストかと思われます。

« さすらいの車中泊の旅・車中泊には理想の場所だった! | トップページ | 花が咲いてた »

車中泊の旅」カテゴリの記事

コメント

おさかなさんところのトノ、
改造したりテント貼ったり、マメなのね~。
そちらでは「キャンプは冬」なのね、こちらではやはり「冬」以外です^0^
キャンプ場料金、狭小でもなにがしかとらなければならないのは
無料だと、ごくまれに心無い方が雑な使い方をして荒れてしまう場合があるから…だと聞いたことがあります。
維持費もかかるしね。


前回の記事を読んで「オスメイト」必要だな~~って思いました。
北海道の道の駅、オスメイト率低いだろうな~~~

「オスメイト率」→「・・・対応率」の間違えです。
お詫びして訂正させてください。

@小夏椿さんへ

そりゃ。。。北海道の冬キャンプは。。。死にます!
夏は爽快だろうな。。。(イメージです。北海道だって夏は暑いモンね)

そろそろ夏のガーデンを披露してください(リクエスト)
こちらでは見られないような木や花たち。

オスメイト。設置されているところも増えているようですね。
いろんな方たちに対応するのは大変だと思います。
昔よりも車椅子の方たちを見かけることも多くなったので、それも「みんなのトイレ」の設置が多くなったおかげだと思うの。
JRや私鉄の駅などは殆どが「みんなのトイレ」を設置されてますね(古い駅は別ですけど)

ぽっとんトイレも、在るだけでありがたい。
おまけにちゃんとトイレットペーパーも設置されていて。。。
管理されている方に感謝です!

本当に日本は海外の人からしたら観光にも最高だと思うわ。
何よりトイレに困らない(コンビニが多いから)
トイレ環境も綺麗だしね。

綺麗にしてくれる人に感謝だ。。。

おさかなさん、こんばんは
車中泊楽しそうね♪
二人だから倍楽しいんでしょうね
下調べは大事ですね 行き先はトノ任せなのね
私も車買って早く行こう♪
先ずはお風呂探しに、トイレ探しね^^;

@nanamiさんへ

え~!!とうとう、車中泊デビューしちゃう???

今流行の《道の駅》を集めた本があります。
それで観ると、道の駅と温泉&銭湯などの風呂と観光場所も書いて在ったりしますよ~
自力で探すのは大変だものね!
女性一人の車中泊は意外と多いんですよ。
何故かと言うと。。。女性一人だと予約しても断られる事が未だに多いらしいの。
それなら車中泊だよね。
中が見えないようにカーテンを付けたり、車種によっては全て揃うモノも在るから検討ください。
出かけるなら秋からだね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さすらいの車中泊の旅・車中泊には理想の場所だった! | トップページ | 花が咲いてた »