趣味

2012年5月27日 (日)

確かに、いやらしーーーーーーーぃ~かも・・・

昔から好きで、でも枯らす事も多くて失敗しては、また見つけた時に買ったりしてるサボテンが在ります。

前にブログに載せたら「石かと思った」と言う感想が・・・

それは正解なのです。

南アフリカ原産の、「この」サボテンは棘がなく《石に擬態化》して生きています。

主に冬が活動時期で暑い夏場は縁の下や直射日光の当たらない、風通しの良い場所で「冬眠」ならぬ「夏眠」して過ごします。

その前に・・・・成長し新しい体に生まれ変わるんです。

その姿を見た友達は・・・

「なんか・・・いやらしーぃ」

「エッチくない???」

そして口をそろえて・・・

「気持ち悪いーーーーー」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それでも良いの。

私が好きなんだから。

そろそろ彼らも「夏眠」前なのか・・・成長をし始めたので公開します~

Img_2604
チョット、アップし過ぎなんですけど・・・

これが一ヶ月前の・・・彼。


Img_2634

ほら・・・

こんなになって着ました。

一皮剥けて・・・良いお姿に!

Img_2636
別の角度から。

シワの具合が・・・

このしわのように見えている部分が「親」ですね。

毎年、元気であれば?このように「親」の部分を突き破って「子」の部分が成長して大きくなっていきます。



Img_2599

そして、こっちの彼は・・・

Img_2632

植えの彼ほどではないけれど、成長しているのが判るでしょうか?

彼らは、とげが無いせいか非常に弱い。

いろんな物に弱い。

「加湿」水の管理が大事。やり過ぎると成長は早いが上に突き出してしまって根元が弱くなる。

彼らの中身は水分だから根元が細くて弱いと風に揺られて根元から腐っていく。

夏場は水を上げ忘れても大丈夫。

ただ自分の身体を小さくして体力を温存しながら快適な(彼らにとって)冬を待つのです。

冬場になれば週に一度か二週間に一度くらい霧吹きで水を与えてあげれば大丈夫。

そして何より・・・人が触らぬこと。

観ると誰でも・・・・触りたがる!困るんだよね~

昨日のブログに書いた映画の主人公のように「触ると痛い」のかもしれない。

触れすぎても・・・腐る。

ホントにデリケートで神経質な彼らなのです。

親から脱皮して一本立ち・・したらスヤスヤと夏休みに入るんです。

元気に夏を越して欲しい物です。