フォト

無料ブログはココログ

隣の中国人

2017年3月 6日 (月)

町内会の悩み・・・パートⅡ










とうとう新カテゴリーに登場した「隣の中国人」


「中国人」だけだとなんだか差別的なので、こんなネーミングに。

でも「見方」を変えたら「隣の晩御飯」みたいで可愛い気もするが、

隣の中国人はどうやら・・・可愛くないようだsweat02catface











と言うのも・・・日曜日に町内清掃に久々に出た。

(トノが定年になった去年からトノが出るようになったから)



朝の8時開始の清掃にでたら「あら!お久し振り」と声も掛けられて・・・


なんか仲間っぽい会話もしてhappy01



そのうち「隣の中国人」の話になり、そこからが大変!




凄くその話題で盛り上がってしまったcoldsweats02sign02




知らない人まで参加してきて、「隣の中国人」を飛び越えて「外国人って・・・」と言う話にまでなってしまった。



町内会の掃除どころじゃなくなった?(いえ、ちゃんと掃除しました)





手も動かし、口も動かす!happy02







そしたら大変な事を聞いちゃいました。





私が日曜日に清掃に出たのも、「来期の組長決めは誰に?」と言う疑問があったから。


今の組長さんは、隣の隣。つまり「隣の中国人」のお隣な訳で、中国人だから・・・って言う「安易な理由」で飛ばされちゃうと、うちに組長役が早まってしまう。


いずれはしなくては行けないが、隣の中国人を、中国人だから飛ばす(組長役を免除する)のはおかしい。

だって日本で仕事をしてて、夫婦二人とも日本語はペラペラ。


おまけに先日、「出した手紙をポストにねじ込まれ」た件で、




「この手紙に書いてある事は理解できていますか?読めましたか?」と確認した時に


「ハイ判りますよ」と答えていたから日本語だって読めるんだろうし、書けるなら、日本人と同じ役割もして欲しい。


と考えるのは普通。



なので今の「組長」をしている方に確認をしようと思ったらさ・・・




前に「隣の中国人」に話をしたらしいの。

「団地には組合があって役員になる決まりがあるのですが、出来ますか?」と聞いたら



「出来ません!出来ません!」と旦那が言ったきり、その後、清掃に出てこなくなったらしいcoldsweats02coldsweats02coldsweats02






えええええ???そんなの駄目でしょう!


って言う前に、



「そんなの駄目だと思いませんかsign03みんなやりたくてやってるわけじゃないのにangrysign03annoy」って、いつもは大人しい三件先の奥さんが、握りこぶしで私の目を見て言うのよ・・・かなり怒ってるみたいsweat01



こりゃ~今後かなりもめそうだ。




私が今の団地に引っ越してきてもう17年経ちます。

そのときは私もこんな「町内会」とか嫌だったし、もうこんなことするなら出て行きたい。とも思いました。


けれども、久し振りに出た清掃で、知らない人を含めて同じ階の人とも話して盛り上がったのも町内会と言う煩わしいモノのおかげ・・・


いいことも、わるいことも、全てを避けていたら何も生まれない。と思えるようになりました。



本当に煩わしい事はしたく無いですけど(これ本音)

同じ建物に居住していて、ある程度の助け合いとか、問題が在れば皆で解決する。と言うものは大事ですよね。



さて、来期の組長は「親の介護が大変なので今年は飛ばして欲しい」とお願いしてた方が・・・


「もう出来る様になりましたので」と・・・引き受けることになったようですが、来年は




大変になりそうなので今から、新しい組長さんと同じ階の人達と、町内会長さんと・・・こそこそ話し合いになるんだと思います。




わたしね。意地悪で言うんじゃないの(本当は意地悪です!)



昔、今の団地に入りたての時の町内会長さんは女性で「何でもずけずけ言う人」だった。

強くて、でもチョッとした思いやりもあり・・・


「駄目な物は駄目!」と嫌われる事をイトワズ物申す人でした。その方が


「組長しないなら、出て行って!!」とタンカを切ってたのね。凄い迫力でした。





そんな事、今の町内会長さん・・・言えるかなぁcatface









そしてまた、市の住宅で「外国人の入居者募集」をしている公社にも責任が在ると思う。


一般住宅で言えば「公社」は「不動産屋」なんだから、


入る人に、ちゃんと「入居の条件」を認めさせた上で入れなきゃ駄目だと思う。



前にメキシコ人の人が九州大学の留学生で妻と子供と共に入居してた。日本語は物凄く駄目だったけれど、町内の行事にいつも出てて皆さんと交流してた。

もちろん「組長さん」までは出来ない語学力だったから、皆さん文句無く「しなくていいよ」って感じだったの。


やっぱり国と言うより本人の人柄だろうな。


「隣の中国人」は奥さんは、とてもいい感じで話しやすいんだけど・・・

子供はまだ小さいけど、子供が小学校に入ったら・・・町内の子ども会、そして学校の役員・・・どうするんだろうね?





ともかく、「隣の中国人」のカテゴリーを作っちゃったから、今後も話は続く模様です。







旦那さんは頑なな(かたくなな)人みたいだ・・・bearing