フォト
無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

車中泊の旅

2019年10月19日 (土)

さすらいの車中泊の旅・佐賀県太良町・長崎県松浦周辺③











三日目は佐賀県、嬉野に在る



「嬉野大チャノキ」国の天然記念物。



茶の種子を取り寄せ育てた物の一本で樹齢300年ほど。




丁度、花の季節で、初めて茶の花を見ました。




Img_1746






Img_1751




写真手前の黄緑色は普通のお茶の木々。


その奥の丸い木々は「嬉野大チャノキ」を保護する為に植えられた「犬槙・いぬまき」の木。



白い柵の中のこんもりとしたのが「嬉野大チャノキ」です。






その周りには茶の実が落ちており。。。




Img_1754





茶ノ木自体、ツバキ科の木ですから実もツバキに似ています。




固い実の中を食べてみました。


おお。。クルミのようで、おいしい!!




っと、思ったのもつかの間。。。大変な事に!




強烈なエグミが喉の奥を襲い。。。。おえ~



(吐きはしませんが)





判らないものは拾って食べないようにしましょう。







ここは相当山奥の中なので地図だけでは行くのが難しいですね。


ナビが在ってよかった。






この場所も小さいけど、綺麗に手入れされたトイレがあり、車は5台?くらい停められる駐車場があります。

ここも車中泊には良いな。と思いました。田舎過ぎるので「不審者」に見られるかもしれませんが。。。





車中泊は「何か」在ると困るので、あまり人気の無い場所はお勧めしないのです。







2019101315410000-500x280






チャノキを後にして訪れたのは佐賀県「祐徳稲荷神社」





2019101315400000-280x500








稲荷神社って、こんな作りが多いですね。(高いところに階段を上がっていく)



この横には「有料エレベーター」300円が在ります。

なぜか「お守り付き」




多分想像するに。。。車椅子の方を考えた工夫?かな。











休日で海外からの観光客も多い中、「門前町」がシャッター街だったのがとても残念でした。



どうせ閉めているのなら、土日限定で「店したいの!」って言う若い人たちに貸せば良いのにね。



低金額で貸す。貸した人は「おこずかい」と店の手入れにもなる。


店をしたい人はここで「腕試し」が出来る。

最初から仕事も辞めて、店に資金投資ってリスクが大きすぎるから。



良いアイデアだと思うんだけど。。。








と、この後。。。








「竹崎城祉展望台公園」





Img_1755_20191019114101






もちろん当時のままの城ではなくて、城が在ったと思われる場所に再建された「お城風展望所」





展望は綺麗です!




人も居ません。。。




でも、猫は居ました。




Img_1771






彼(猫)が私達を導いた場所は。。。





Img_1769







竹崎かに料理店!にゃおーーーーーー!!







ここまで一度も外食していないし、予算が在るので、ちょいと豪華な昼食を頂きました。






「猫についてきたら、ここでした」と店の大将に言うと。。。




店主「三ヶ月前に姉(雌猫)と一緒に捨てられていて餌をやってたんですよ」


私「じゃあ、餌をくれたお返しに招き猫になってくれていますよ」と言ったら喜んでた。






ここ佐賀県太良町(たらちょう)は竹崎蟹と言う「わたりがに」で有名な土地。


有明海に面しています。

有明海は福岡・熊本・長崎に面していて反対側には長崎県の島原市も「かに」を出しています。


同じ海の「かに」だから、とは言え、こちらの方が有名で値段も高い。




食べるなら島原です(お安い)






渡り蟹なので「蟹飯」と言っても「棒状の蟹肉」ではなくて、みそ中心のシワシワの蟹肉なので、



食べたぞーーーー感は少ないですが、とても美味しく頂きました(写真撮るのも忘れていた)


途中、店のサービスで「これ食べてみてください」と。。。




「エイの刺身」と「マエビの刺身・剥き身」を出された。



旅の楽しみとしてこれが一番!!




ここで食べたこれが超珍しい!!と言うもの。



地元で獲れる「まえび」という甘エビの白い奴みたいな物。

エイ(スティングレー)の刺身って、身が超コリコリして赤いのよ。


どちらとも美味い。


エイヒレってアンモニア臭くって食べられないモノもあるけど、


獲れたてのエイはメチャ珍味、甘みもあり歯ごたえが良い。臭みは一切無し!







猫様のおかげで珍しいものが見えました。



店の玄関には天体望遠鏡があり、店主は観測が趣味なようで

「スマホでもこんなに綺麗に撮れるほど、ここの星空は美しいのです」と言われた。







その日、車中泊の宿にした「道の駅太良・たら」でも、美しい月、や星が見えました。




スマホなら美しい夜景が獲れたかしら。。。








最後の宿の「道の駅太良」では「牡蠣小屋」もあり、人気のスポットのようで朝になると


どんどん車が押し寄せてきたので、買い物をしたら早々に帰途へ付きました。









今回の旅も、貧乏だけど逸品な物が食べられました。



綺麗な月と星が見られた。







だからさすらいの旅はやめられないのよ。。。。
 

さすらいの車中泊の旅・佐賀県太良町周辺・長崎県松浦周辺ぶらぶら①











さて、いよいよ車中泊日和(涼しくなった)になりましたね~



って、今回の三連休は台風だし。。。。



本州と違い、影響が少なそうだったので出発!



最初の車中泊場所は、長崎県の松浦ふるさと館


(実は最近、ココログの「改悪」により、URLの貼り付けができなくなりました)

(出来ますがクリック変換しません・涙)

(道の駅一覧で御確認ください)





ここ、車中泊に良いです!


広々とした駐車場。凄くきれいなトイレ。





Img_1720




留まった翌朝の。。。大荒れの海(トノの髪の乱れで想像して下さい)


道の駅は海沿いで寝てて車が揺れて怖かったです。




道の駅がオープンして、色々購入(海の海産物)



一宿の御礼です。(これは大事)




Img_1724




ホントにとらふぐかな。。。信じられない値段。。。




Img_1725




じゃじゃーーーん!!かまぼこだらけ!!!(爆)









いざ旅は続く🚙💨

















2019年6月 5日 (水)

さすらいの車中泊の旅・行ったらとんでもないところだったキャンプ場





ども。


昨日に引き続き、5月31日から6月二日にかけての「さすらいの車中泊の旅」の佐賀県呼子からの、お話です。




ともかく「なんとなくちょっとだけ調べた程度」で印刷物も問い合わせも無く。。。いい加減なトノの夢想旅。


それが我が家の「さすらいの車中泊の旅」となる理由なの。


~~~~~~~~~~~~~~~~




Img_1544


土曜日の朝の港風景。車から歩いて数秒でこの風景です。海はいいね。



Img_1541



呼子大橋。



Img_1545




朝も「あさまづめ」と言って潮の変わり目が釣れるんですよ。埠頭に釣り人います。夜明かしでしょうか。。。




Img_1546



お店の前に居た猫様。人になれている様子ですが、ある程度の距離は保っています(それ以上、近づくと逃げる・笑)






Img_1547





睨まないで。。。。汗










~~~~~~~~~~~




ともかく前に書いたように、朝市を散策してから出発🚙💨😃






隣の長崎県鷹島へ。。。。橋一本渡るだけで長崎県です。



本土は佐賀県。離島はほどんどが長崎県のようです。





観光と言うよりも、トノには何か目的があるようで、車でうろうろしてる(また始まった「さすらい」)



どうやら。。。車に箱が在る。中身を聞くと「炭だ」って。。。もしや火を焚きたいのか?!



途中の公園(トイレあり)で休憩して(お茶飲んで)今まで開いた事の無い「テント」を開きだしたじゃないか???





Img_1573


買ってから、たぶん10数年?いやもっとなのか?


一度も組み立てた事がない新品テント(時代遅れっぽいけどね)



悪戦苦闘中。




Img_1571




もちろんココでテントを張る訳じゃなくて、「試しに」やってる。家じゃ組み立てられないしね。


二人用だというけれど。。。車内より狭いんじゃない?


何より、何か敷かないと下のアスファルトが焼けていて熱過ぎる!テント泊は一人用だな。でも全面網が張ってあって夜は涼しそうです。







で、組み立てて、片付けて。。。どうやら目的地を教えてくれた。




①観光としては「モンゴル村」へ行く。


無料の施設で動物と触れ合える。と話をするので私は大感激!!!(だってロバ?が居るって!大好きだ!)


その近くに「夕映えオートキャンプ場」と言うのが在るので、そこでキャンプだという。




トイレにシャワーが完備されてて、一区画4000円???(それって高いよ)と思うけど。。。。行ってみなきゃ判らない。





で、ナビで探していくんだが。。。。ナビも怪しい。。。。ナビは道なき道をいく???



獣道的なところを下っていくと不安ばかり。。。引き返そうよ(涙)って、急に開けたと思ったら。。。なんじゃこれは!!








https://camp-champ.com/yubae-nagasaki




これに詳しく書いて在りますが。。。。この方は遠慮がちに書いてあるんです。



本音はなんじゃこりゃ?これで金取るか?💢

 


これがオートキャンプ場か???💢






たぶん、判りやすく言うと。。。狭い空き地(100坪くらい?)



オートキャンプ場と言うわりに、車を止められないほどの狭さで、電源は無し。水道も無いから、シャワーなども期待できない。場所的に「ぽっとんトイレ」だろう。





何よりも週末だったせいか、利用者が車、3台ほどいて、その間でテント張りをしている最中だったモンだから、私達が車で侵入してきたら。。。




全員が(6名ほど)ミーアキャット状態で、こちらを凝視してる。


そりゃそうだ。この狭さに、私達のワゴン車が入ったら、テントも張れないし、何より日を焚くのは危険なほどの狭さよ。呆れて逃げるように退散した。








しかしかえってネットで調べてみたら、シャワーも無し。料金は4000円ではなく「大人一人500円。。。」となっている。




キャンプ場って人数なの?区画貸しじゃないの???しかもあんな設備で金取るって????詐欺よ。












さて気を取り直して。。。標識に「モンゴル村」と在ったので、向かう!(ウキウキ)








ったらさ。。。ココも。。。雰囲気が。。。妙なんだ。




施設も広く、凄くきれいなんだけど。。。





車が一台停まっているだけ。。。。人の気配も無い、あまりの静かさ。。。えええ????







トノがトイレに行ったあとで、丁度そこに居た「おじいさん」に話を聞いてる。








「もう、やってないんだって。二年前に潰れたらしい」






へ???でもなんでこんなに綺麗なんだろう?(展望所として管理されてるらしい。夜間は閉鎖されてる)






Img_1576



営業してそうに見えるでしょ?




Img_1577



左側の建物が温泉施設だったと。他に温泉のない鷹島で貴重な温泉なのに勿体無い。




Img_1581



モンゴル村からの眺望です。


私達がいる間にも、知らないのか?人はやってくる(だって看板もパンフレットにも書いてあるんだもの)








~~~~~~~~~~~~~~~~





二件も目的地が駄目で(いい加減なリサーチのせい)少々、疲れ気味で島を下る。。。。




それでも、アチコチ車で走り回るトノ。どうしても「火を燃やしたい」らしいのだ。





Img_1575





通称「崩れ埠頭」と言う釣り場。


ココは人も少なく(釣り人は居るよ)キャンプ場でもなく、何も無いところ。でも風が強いので火を燃やすのはあきらめる。




ロケーションは最高。トイレは。。。。野。。。だけど、朝、こんな場所で目覚めたいね。





で、また、最初の宿泊地へ戻った。(それが一番良い。ココの施設は本当に車中泊者にはありがたいところだと思う)




途中の道の駅で「カンパチの刺身」「捌いたカワハギ」を買って車で煮付けた。サザエの炊き込み飯。などを温泉施設の座敷に持ち込んで夕食。



午後八時まで、ゆっくりさせてもらって、後は港付近を夜の散歩。


そうやって「土曜の夜・二泊目」は過ぎていきました。






~~~~~~~~~~~~~~




二日目は、またもやトノが「火を焚きたい」願望で、唐戸島(かべしま)と言う島を車でグルグル。。。呆れちゃって。。。途中から腹も立ってきた。





そこで、ちょいとお小言を物申した!




で、腹が減っては怒りが増すのでスーパー&直売所へ行き食材を購入。昼ご飯はトノが作る事に(お片づけもね)






Img_1582





鮭を焼くトノ。






Img_1585




トノが改造した車内のテーブルで。。。。


ひめ筍と豆腐の味噌汁(インスタントの味噌汁に豆腐と筍を入れた)


買った「かしわ飯のおにぎり」と「ポテトサラダ」そして「焼きシャケ」




作っていただいたので。。。許すとした。




料理&車中飯は(写真を撮り忘れたけれど島の一番眺望の良い場所にある駐車場、料亭・唐戸島とか言うところの隣でした)








今回の反省点。


トノの無計画旅は崩壊しつつある。もう少しリサーチしないと時間と走り回るガソリンが無駄になる。


トノの妄想で「こうなる筈」と作った「換気扇システム」が全く役に立っていなかった。


(本当は私がした方が確実に良いものができると思うんだがね)




今日も日中は30度を上回る気温。


蚊も出てきたし。。。車中飯は汗だくになるし。。。。今期は最後の車中泊じゃなかろうか。と思うんだ。






トノが。。。。「火を焚く」のを諦めなければね。




だいたいさ、キャンプって冬するものだよ。



そう思わない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_1553






最後に、車中泊した呼子の港の埠頭なんだけど、一部、このように岩が敷き詰められていた。





なんでだろう?












~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





追記





呼子で車中泊をしようと思ったら。。。



車中泊場所は私達がしたところが一番です。そこしか温泉が在りません。

 

知らないだけかもしれませんが、地元の方に聞いても島には日帰り温泉もないようですし、


かと言って旅館や民宿などに「風呂だけ」と言うのも言い難い(大きなホテルは無いから、個々の施設が小さいからね)




そこで、観光は昼間、夜は港に戻って、風呂に入り、ゆっくり過ごすのがベストかと思われます。

2019年6月 4日 (火)

さすらいの車中泊の旅・車中泊には理想の場所だった!

 

 

 

 


いつものトノの「自分なりに計画してて、でも私には言わない旅」の始まり~😞🚙





行った所は「佐賀県呼子」


Img_1562



日本三大朝市。。。と言う話で、後はどこか???


ああ、と思い出したのが北海道の函館の朝市。(北海道旅行で行きました。ここは良いですよ)



さて、後は何処だっけ?


なんとなく寒い場所だったような。。。





5月31日の金曜日の午後から出発して夕方には着きました(隣の県だもの)



二時間程度です(渋滞を考えなければね)






金曜日の車中泊場はココhttp://daibanoyu.jp/




ココは車中泊に最適の場所です!


温泉施設の駐車場で、呼子の朝市まで徒歩でいけます!


(朝市の駐車場は有料ですがココならタダ!)



タダ、ここは港なので夜釣りの人たちの出入りがあるので、静か。。。では無いですね。



風呂は日中は510円、午後5時以降は410円で何度でも入れます(出る時に受付さんに言うと番号札をくれます。


ただし夜遅くまでやっていません。午後8時に閉館。


そして快適な休憩室にはお茶、水、自販機でビール類もあります。


お箸や紙皿などもあり「うちには調理施設がないので食料は持ち込みで食べても良いですよ」と言われた。



車中泊人には夢みたいに嬉しい場所!!!



隣が道の駅風(道の駅では無い)のみやげ物と食料品を販売してるので、買ってから風呂に持ち込むと言う手も在ります。





でも、金曜の晩は途中で立ち寄ったスーパーで買ったものを車の中で頂きました。


涼しくなった夜風を浴びて夜の埠頭散歩。。。。きもちいい~




そして就寝。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




翌日はパンとコーヒーで朝食。



あ!もちろん駐車場には綺麗なトイレもあります(オスメイト付きみんなのトイレも完備)






朝は犬の散歩する人



猫の散歩する人



え?!猫の散歩????



そうなんです!隣のハイエースの御夫婦は猫旅さんでした。。。


















Img_1568





呼子の朝市風景。。。。干物&甘夏が多い。




Img_1570




呼子大橋。そして6月1日は呼子大綱引き開催日でした!





Img_1565




大綱の真ん中の部分を皆で作っています。




Img_1563



端っこ。




Img_1560




長い長い縄




Img_1564




Img_1556


港町にありがちな狭い路地





Img_1558



いつもより激しく廻っております。。。。イカ





Img_1559




イカも廻れば、ドラえもんも廻る。。。。




Img_1554



ああ!イカの足!瑞々しい足。。。。焼いて食べたくなっちゃうね。





さて、呼子の朝市を散策したのち、隣の島へ。そこで。。。。事件が!








2019年4月30日 (火)

ナビと戦う男

ゴールデンウイークの最初の4月26日の午後から4月28日にかけて「長崎県大島町」へ行きました。

こんなところです。https://www.saikaicity.jp/ooshima/

仕事場の仲の良い方に「かんころ餅」と言う「餅」を頂いて、郷土のお菓子という事で、お話を聞いたら「とってもいいところですよ~」と仰る。

福岡から車で二時間半ほどという事もあり《福岡都市高速道路と西九州道を使います》行って見る事にしました。


トノもいきなり「ナビ」を買ってたしね(これには理由があったのです。後で書きます)




でも到着した次の日に発覚した大失敗!

それは。。。トノがカメラを忘れてきていた事。。。。(激怒から失望感へ変わる)

唯一、トノの携帯カメラで撮った画像がこれです~





Photo_1


サバ刺し定食2160円。生きたサバ(半身くらい)を捌きたて。コリコリの食感。噛んだ後にサバの脂身からの甘みの美味さ!!

さらに青魚臭が全く無い!驚きの美味さ!


「お魚が美味しいですよ~」の言葉に間違いなし!!!



Photo

 

こちらはお刺身定食。あまりに新鮮すぎて、「その魚の匂い」と言うモノが無くて、ただ美味いが、この魚はなんだろう。と言う疑問が生まれるぐらい新鮮でした。鯛、鯖、鰤。。。。カンパチ????かな。。。???1260円。


ちょっと残念なお話なのですが、これを食べたのは大島ではなく、大島大橋を本土側に渡った西海市の食堂で、大島、隣の島などでは「昼に魚料理が食べられる店」を探す事が出来ませんでした。。。。(道沿いにノボリは出ているのですが休日だったせいなのか昼の営業をされていませんでした)




お勧めスポットが「道の駅さいかい・オレンジドーム」の道を渡った反対側の「直売所」です。


この「道の駅さいかい」で車中泊させていただきました。

駐車場が二箇所に分かれており、道の駅の建物前と、下ったところに静かに寝れそうな駐車場があり、多数の車も就寝?されていました。

トイレも綺麗でした。長崎の公衆トイレには何処も「トイレットペーパー」が完備されていましたね(市内もそうでした)


道の駅には、あまり物産。と言うものは置いていないのですが、道を挟んだ反対側に「直売所・よかところ」があり、ここではどれも美味しそうな海産物(オコゼ・イカなどの魚と貝類カキ・片貝・海藻類)と新鮮な野菜と。。。。特産物の大島トマト!!!!!



Img_1516

 

「大島トマトを食べてみてください」とメールがあったので早速買って食べてみたら。。。今まで食べたことの無いような味と食感!

 

これはトマトであって、トマトでは無い!!!味の薄いイチゴ?とってもフルーツな味なのです!そして「かじりつく」と言えるような実の固さ。

 

観たとおり「形も独特です」



食べたい!と思った方は、直売所に問い合わせしてみたら如何でしょう?地方発送して頂けると思います!(宅急便の送り状が一杯在ったよ)



特産品直売所「よかところ」

長崎県西海市西海町☎0959-32-1101

 

 

それと。。。みかんの産地です!!めちゃうまい!

すっぱいものが嫌いな私が、山のように買ってしまった「紅甘夏」と「不知火」と言う品種の夏みかん系みかん。

1キロ3玉~5玉ぐらいで200円から350円ぐらいが平均値。




テレビショッピングみたいですが「買って嘘は無い!」商品でした~


やっぱり地元出身で知っている人の情報は確実ですね。

 

ゴールデンウイークの忙しい時期を外して直売所に電話してみようと考えている私です。(電話注文してでもまた食べたい)




で、他の旅の話としては。。。。特には無し。




なんというか。。。島なんだ。どこも海と綺麗な海と夕日が見えて、素敵だけど。。。。それだけなんだ。ココがお勧めスポットとか特には無くて、

 

島と、海と風と、島を繋ぐ「つり橋」と自然全てが。。。よかったです。





ただ残念な話は島に温泉が(立ち寄り風呂)無かった。

 

唯一、大島の隣の島(崎戸町)の「ホテル咲き戸」内に「たぬきの湯」と言う温泉が在るのですが、ホテルが改装中で入る事が出来ませんでした。(リサーチ不足)

 

5月中旬にオープン予定だそうです。

 


仕方なく本土に戻り、西海橋の近くに在る「西海コラソンホテル」と言うところで「立ち寄り湯」をさせて頂いた。

通常、立ち寄り湯をされているらしく、タオル付きで大人一人800円。

ホテルの概観からすると、1500円ぐらいは取られそうだと思ったので良心的な価格でホッとした。しかもタオル付き(体を洗うタオルとバスタオル)持ち帰りは駄目よ。

浴場内部は係りの方が見回りされていて、かなり清潔に保たれています。アメニテイも充実。

洗面所にはナショナルイオンドライヤー。メイク落とし、化粧水、乳液、ブラシ、綿棒。

浴場にはボデイシャンプー、シャンプー、コンデショナー。内風呂と露天風呂が普通にあります。サウナと裸のまま横たわる事のできる石床、竹枕のスペースあり。




以上、車中泊の旅情報でした(笑)






さて、「道の駅さいかい」で車中泊したのは4月27日の夜。では26日はどこで寝たの?という事でご紹介します。車中泊したのは佐世保の「マックスバリュウ」の駐車場でした~

そう、24時間スーパーの駐車場。トイレも使えて、食べたい物も、飲みたい物(酒類)も在り、冷蔵庫がそこにある。レンジ完備なので温めて食べることも出来て摂っても便利でした。

駐車場の奥だと暗くて静かだったので熟睡する事がで来ました。

そして今回から私達の「さすらいの旅に加わった新しい仲間」である「ナビ」が、ワンセグ・フルセグと言う機能がありテレビも観られるので、夜もテレビを見ながら食事も取れて、楽しく過ごす事がで来ました。


テレビが無くても(電波の関係で観られなくても)携帯ラジオを持って行ったので情報や音楽などは楽しむことはできます。車のFMラジオよりも、昔ながらの携帯ラジオは電波の受信も細かに出来るので確実に電波を拾います。災害の時にも便利です。



今回の旅、実は実験的なたびだったのです。

トノの友達から「契約していないスマホ」を貰ったのですが、その友だちが「ポケットワイファイ」から「ワイモバイル」に契約を切り替えたので「契約切れの4月一杯使えるポケットワイファイ」を使ってください。と言われたの。4月一杯だからそれまでに実験として「ワイファイを使って旅が出来るか」の実験をした訳です。

 

結果として、どうも。。。無理じゃないかしら。。。。

勉強も必要ですけど、それとは別に「田舎地域」に行くとワイファイの入りが悪く、スマホも停止しちゃう(スマホのナビ及び音楽聞く為のユーチューブ)

操作している間に目的地に着いちゃう状態。。。。あれれ。。。汗

 

 

おまけにね。トノったら自分で買って来たナビにいう事を聞かないのよ。「曲がってください」と言っても「信用ならない。どこへ連れて行かれるか。。。」とナビの通りに走ろうとしない????(バカじゃない???)

そのうち「本(道路地図)を見たほうが確実だ」とか言い出すの。(本当に呆れちゃう。こんな人と日本一周できるのか???)



そして車内も車中泊の為にDIYをして、これまた「お試し」だったのです。このDIYもまた計画を変更した方がいい見たい(2人とも頭の中が快適な室内にする方法で一杯なのだ)

今回のDIYの件は、またブログに記事で紹介します!

 

 

2017年6月 7日 (水)

今回はこんなところへ行きました

インターポット





相変わらずトノが気に入っている、熊本小国の「くぬぎの湯」へ先月ですが行ってきました。



山の中の温泉ですが、やはり山の中、気温が高くなってくると温泉もわいているので「蚊」が出てきます。


車中泊は、気温と「蚊」との戦いでも在ると思います。夏は無理ですね。標高の高いところまで行かないと眠れません。



後は秋までお預けとなる車中泊の旅は・・・先日ご紹介した



Img201705201302000




ボケボケの別府ロープウエイの中から外を撮った風景。



いつものように金曜日の夕方から小国の「くぬぎの湯」に向かい、温泉のスメ料理をして夜遅くまで過ごした後、翌朝、温泉に入り(ちなみに、この辺りは貸切家族風呂だけです)

美味しいスメ朝食を済ませた後、何処へ行こうか足の向くまま気の向くままに車を走らせてて、前回は朝が早すぎて乗る事のできなかった「ロープウエイ」に乗ったのです。




天気も良く、少し暑い位だったのですが、山頂は気温17度。程よい感じ。


するとさ・・・トノったら・・・




201705201343000




これ、ロープウエイの建物の裏側の日陰で昼寝を決め込んでる訳よ。




201705201343001




呆れる・・・・







まあ、運転手がひとりなので「疲れてる」のかもしれないね。と、放置。



山頂直眺めは、黄砂やPM2.5が無かったら抜群にいいはず。


別府の町、別府湾まで一望出来ます。もちろん「脚力」に自信の在る方は、自力登山もいいかも!!


鹿の食害が懸念されている山だけにロープウエイのゴンドラの中からも「鹿」のお姿が見えました。かなりの数が居るもよう。





そして・・・こんなところに。





201705201651000




携帯のカメラで撮ったのでボケボケなのですが、大分県の豊後高田市にある「昭和の町」へ。





201705201652000


食堂(ちゃんと営業中)値段が「昭和55年より値上げしていません」と書いてあった。




音姫さんのワンコインランチも凄いけど、こちらも根性で営業中みたいです。






201705201656000




こんな自販機覚えてる????コカコーラの自販機。

扉が付いていて、お金を入れて扉を開けてビンを取り出す(ビンの時代です)、そんで持って右側の「栓抜き」にビンの王冠を当ててポンと抜く。

飲み終わった空き瓶は隣のケースへ・・・・販売はされて無かったけど懐かしい~





201705201656001







電気屋さんの店先。ウチもビクターのテレビ台だった。


足が3本でクルクル廻る台だった。






201705201659000




右側から書いてないだけ「新しい看板」なのかも。







このほか懐かしい「ハコスカ」などなどの古い車も一杯展示してあり、何処を見ても


「昭和の時代」の空気が漂っていました。




ボンネットバスも!これは知らないなぁ








201705201649002


ってことで・・・




ボケボケなのでトノ登場



何でこの車(ボンネットバス)と映っているかと言うと、よく観ると「旗」に「60」と書いてあるでしょ?



つまり、トノと、このボンネットバスは同じ年なのさ~




で、同じ年のトノと、ツーショットとなったわけさ。









そそ、姫乃さん、これが阿蘇で「立ちション」してたトノです。










さて、この旅の途中で珍しくファミレスに入ったの。


旅の時でなくてもトノはファミレスがあまり好きじゃない。


旅の時は余計に地元の普通の店に入って地元の物を食べたいから。



でもこの時は、他に食べるところが無く、もうすぐ「高速に乗っちゃう」手前だったのでファミレスに入ったの。そしたらね・・・










201705211155000




こんなの知ってた???


他の地域に在るかどうか判らないファミレス「ジョイフル」


関東方面では「ジョイフル」といえばホームセンターらしい。


そのファミレスの方のジョイフルに久し振りに入ったらさ、こんなメニューが在って店員さんに念を押して聞いたの。



「大丈夫ですよ、御注文ください」って





ドリンクバーまで着いてて・・・・



トノはしゃけがメインで小鉢とか卵とか結構、乗ってる490円の朝定食。



私は納豆と、ご飯と味噌汁と小鉢で350円の納豆定食。



2人で1千円でおつりが来るという・・・もう昼過ぎだぜ。




凄いジョイフル!





まるで名古屋の喫茶店のモーニングみたいだ。







名古屋のモーニングも食べてみたいのであった。